“6戦4得点”でキャリアハイを更新する川崎の新エース候補 好調維持するストライカーが覚醒の時

知念が新エースに名乗りを挙げる photo/Getty Images

札幌戦でも得点を決めた知念

川崎フロンターレはJ1第31節で北海道コンサドーレ札幌と対戦。前半に先制点を挙げるも互いにゴールを決め合うシーソーゲームの末、3-4と敗れている。そんな札幌戦でも得点を決め、好調を維持しているのが知念慶だ。

PKで1点を先制した川崎だったが、ルーカス・フェルナンデスと興梠慎三の得点で逆転されてしまう。それでも60分、脇坂泰斗のクロスから小林悠が頭で合わせるとシュートは枠を捉えるものの、菅野孝憲にセーブされる。それでもこぼれ球に素早く詰めて知念が同点に追いつく。

前節こそ途中出場となった知念だが、それまでは4試合連続でスタメンに名を連ねており、その4試合で3ゴールと好調をキープ。今節も先発すると、泥臭くとも結果を残して今季7ゴール目となる得点を記録した。
今季は家長昭博がトップの11ゴールを決めているものの、エースとなるFWが不在である川崎。小林悠は4ゴール、昨季得点王であるレアンドロ・ダミアンも5ゴールにとどまるなど、この時期は知念にとってはチャンスでもあるだろう。今季ここまで7ゴールとキャリアハイを更新するストライカーは得点を重ねてチームに貢献し、新エースに名乗りを挙げる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ