今夏セリエAに帰還を果たすのか バルセロナからトルコへ向かったピャニッチの運命は

今季はトルコでプレイしていたピャニッチ photo/Getty Images

ナポリが獲得に興味と現地メディア

はたして、ボスニア・ヘルツェゴビナのテクニシャンは今夏に慣れ親しんだリーグへと帰還を果たすこととなるのだろうか。2020年のユヴェントス退団以降は難しい時間を送ることとなっていたが、現在トルコのベシクタシュでプレイしているMFミラレム・ピャニッチ(32)にはセリエA復帰の可能性が浮上している。

かつてはASローマやユヴェントスで活躍したものの、その後移籍したバルセロナではほとんど出場機会を得られなかったピャニッチ。2020-21シーズン、同選手が記録した1試合平均のプレイタイムはわずか43.17分(30試合出場、1295分)。ユヴェントスでは中盤の核を担っていた彼だが、バルセロナのサッカーに適合することはできず。ロナルド・クーマン監督との確執も噂され、結果的にはたった1年でレンタルに出されることとなってしまった。今季はベシクタシュで主力としてプレイしたものの、その存在感は徐々に薄まっていたと言っていい。

しかし、そんななかでピャニッチの獲得に興味を示すクラブがセリエAにある。そのクラブとは、ルチアーノ・スパレッティ監督率いるナポリだ。ピャニッチとスパレッティ監督は2015-16シーズンにローマで共闘した経験があり、同監督はその頃からこのテクニシャンを非常に高く評価していたという。それもあって、ナポリの指揮官は来季の新たな戦力としてピャニッチの獲得を望んでいるようだ。

伊『Leggo』によると、バルセロナとの現行契約は2024年までとなっているピャニッチ。だが、ナポリは高額な移籍金の発生を避けるためにレンタル移籍による確保を画策しているという。はたして、そんなピャニッチだが、彼は来季イタリアへと帰ってくることとなるのか。その動向には注目しておきたい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ