ヘタフェから2年でBIG6入りの可能性? シティが興味を示す“左サイドのスペシャリスト”がチームにもたらすものとは

マンチェスター・シティもマルク・ククレジャの争奪戦に参加すると見られている photo/Getty images

獲得となればチームの幅が広がる

アーリング・ハーランドの獲得を決め、次は中盤とサイドバックの補強を進めたいマンチェスター・シティ。中盤はマテウス・ヌネスやフレンキー・デ・ヨングなど多くの獲得候補が報じられているが、サイドバックは一向に情報が出てこなかった。だが、英『Sky Sports』によればシティがブライトンのDFマルク・ククレジャをリストアップしたようだ。

バルセロナの下部組織で育つも、トップチームデビューはなく、その後はスペインのクラブを転々としているククレジャ。ヘタフェ時代には日本代表の久保建英ともプレイしている。すると、転機が訪れる。プレミアリーグのブライトン移籍だ。これが大きくハマり、今季は大躍進の年に。シティ以外にもトッテナムやチェルシー、ユヴェントスが興味を示しているという。

ククレジャは左サイドバック、左サイドハーフ、左ウイングバック、3バックの左と左サイドであればどのポジションでもプレイできるスペシャリストである。前を向いてボールを持てば推進力のあるドリブルで前進し、クロスから好機を演出できる。バルセロナ育ちということもあってパスワークも上手く、ビルドアップで苦戦することもない。

守備を強みとしている点がビッグクラブから狙われている主な要因だろう。スピードとフィジカルに長けた選手で、簡単に当たり負けしない。前を向かせない守備を得意としており、4月のシティ戦では対峙するリヤド・マフレズに自由を与えなかった。データサイト『SofaScore』によればタックル成功数91回、デュエル勝利数144回はどちらもチームトップの数字であり、守備での強度の高さはスタッツが証明している。

現状シティの左SBはジョアン・カンセロ、オレクサンドル・ジンチェンコ、ネイサン・アケとすでに駒は揃っているが、ククレジャは必要なのか。守備を強化するという点においてククレジャは重要な存在になると予想できる。カンセロ、ジンチェンコは攻撃的な選手であり、アケは今季から左SB起用が増えたが、ビルドアップで攻撃を前進させることができない。また、怪我も多い選手であり、戦力として計算しづらい点も新しいSBを欲しがっている要因の一つだ。

シティは基本的に左肩上がりに攻撃を進めることが多い。最終ラインであれば左SBの選手が高い位置を取り、右SBのカイル・ウォーカーはカウンターに備え、3バックの右のように振舞う。ククレジャが加わればこれの逆パターンができる。ククレジャが3バックの左のように振舞い、カンセロが右サイドで高い位置を取る。新しいオプションであり、幅が広がることになる。

今季の活躍で一気に知名度を上げたククレジャ。まだ23歳という若さも魅力的であり、3000万ポンド(日本円にして48億円)でシティは獲得を目指しているようだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ