冨安がいなければアーセナルは完成しない 1年で右サイドの番人となったサムライこそトップ4入りのカギ

今やチームに欠かせない存在となった冨安 photo/Getty Images

トップ4フィニッシュへカギ握る存在

今季のプレミアリーグもいよいよ大詰め。優勝争いはもちろん、トップ4入りも白熱している。

現在4位にはアーセナルが入っているが、それを勝ち点差2で5位のトッテナムが追っている。何かと因縁ある両者は5月に直接対決を予定しており、これがトップ4入りへ大きな戦いになるのは間違いない。

アーセナルとしては4位を死守したいところだが、アーセナル専門サイト『Pain In The Arsenal』がカギの1つに挙げたのが両サイドバックだ。

その1人は、もちろん復帰してきた日本代表DF冨安健洋のことだ。復帰までに想定以上の時間がかかった印象だが、アーセナルはこの時を待ち望んでいたに違いない。もはや冨安はプレミアリーグでもTOP5には入れる右サイドバックに成長しており、冨安がもたらす守備の安定感は大きい。

攻撃面でも今季は成長しており、タッチラインを背にしたボール扱いも日々進化している印象を受ける。大型右サイドバックとして完成を迎えた冨安がアーセナルに欠かせぬキーマンというのはまったく大袈裟な表現ではない。

そして左サイドバックはヌーノ・タヴァレスだ。22歳と若いゆえの粗さはあり、今季もベンチに降格となったこともある。しかし直近3試合は先発し、前節マンチェスター・ユナイテッド戦は貴重なゴールも決めた。冨安以上に攻撃的な選手で、ポルトガル人らしいサイドバックと言える。

そのタヴァレスを活かすうえでも、逆サイドに入る冨安の存在は大きいと同サイトは見る。アーセナルは攻撃参加したタヴァレスの背後を埋める必要があり、最終ラインをスライドさせるうえでも冨安がいてくれると心強い。元はセンターバックを本職とする選手だけに、そのあたりはスムーズだ。

前半戦も冨安とタヴァレスのコンビは高い評価を得ており、攻守のバランスも悪くない。現地のサポーターはもちろん、日本のサッカーファンも5月のノース・ロンドン・ダービーに出場する冨安の姿を望んでいるはず。それこそトッテナムのFWソン・フンミンとのマッチアップもあり、プレミアリーグで1、2を争うレフトウイングになったソンを抑えられるDFは限られている。アーセナルとしてはそのミッションを冨安に託したい。

果たしてアーセナルはトップ4を守り切れるのか。そのカギは復活の日本人DFが握っている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ