2戦連発でクラブW杯制覇に貢献 今季プレミア5得点のルカクが復調なるか

クラブW杯で2戦連発したルカク photo/Getty Images

パルメイラス戦で貴重な先制点をマーク

FIFAクラブワールドカップ決勝で、チェルシーはパルメイラスと対戦して2-1で勝利した。プレミアリーグではゴールが遠いロメル・ルカクが重要な試合で先制点を挙げ、クラブを初の世界一に導く。

前半はパルメイラスの守備に苦しめられたチェルシーだったが、後半に試合を動かす。54分にカラム・ハドソン・オドイのクロスにルカクが頭で合わせて先制点を決める。ニアポストを狙いすましたドンピシャヘッドでゴールネットを揺らしたルカクは、2試合連続でのゴールとなった。

昨季は公式戦で30ゴールを挙げたベルギー代表のエースも、今季シーズンは今大会前まで公式戦で5試合ノーゴールに沈んでいた。プレミアリーグでは、昨年12月に行われた第24節のブライトン戦以来得点がなかったストライカーに待望のゴールが生まれただけでなく、クラブのタイトル獲得に貢献する2試合連続弾は、自身の復活の狼煙を挙げる2発となったかもしれない。

強靭なフィジカルを武器にイタリアでゴールラッシュを見せていたルカクも、今季のプレミアではいまだに5得点にとどまっている。しかしクラブW杯での活躍から、プレミアでも復調を見せることができるだろう。過密日程ではあるものの、クラブでさらなる得点量産に期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ