バルセロナが夏に狙うはベティスの技巧派レフティー? ドリブル成功数“リーガ5位”の男に注がれる視線

バルセロナが獲得に興味を抱いているとされるフェキル

夏に中盤補強か

今季途中からクラブのレジェンドであるシャビ・エルナンデスが監督としてチームに復帰し、かつて築き上げた栄光の時代を取り戻さんと邁進するのがバルセロナだ。昨夏にはFWリオネル・メッシも退団し、いよいよひとつの時代が終わった感がある同クラブ。そんななか、現在のシャビは新たなバルサを作り上げようと奮闘している。

そのなかで注目されているのは、やはり優秀なカンテラ育ちの選手たちだ。FWアンス・ファティやMFガビなど楽しみな逸材は多く揃っており、今後のバルセロナは彼らに成長を促しながら次世代の理想を追求していくこととなるのだろう。

しかし、そういった状況でも、一定の結果は残さなければならないのがバルサだ。どれだけ若手の育成が進めても、シーズンの結果が散々であればシャビでさえその首元は涼しくなるはず。若手を積極的に起用する一方では、きちんと強さも追い求めなければならない。現在のチームにFWルーク・デ・ヨング(31)やFWピエール・エメリク・オバメヤン(32)といった選手が在籍していることからも、そういった事情があることは窺える。

そんななか、バルサは夏の移籍市場でも実力者の補強に乗り出すのだろうか。スペイン『MARCA』によると、同クラブはレアル・ベティスに所属するMFナビル・フェキル(28)の獲得に向けて動き出しているという。予想される移籍金は6000〜8000万ユーロ程度とされており、細かな金額はこれから交渉していくようだと同メディアは伝えている。

今季はリーガ・エスパニョーラで21試合に出場し、リーグ5位となるドリブル成功数(54回)を記録しているフェキル(データサイト『Sofa Score』より)。少々移籍金は高いが、加入となれば中盤で良いアクセントになる可能性が高い。ドリブルで局面を打開でき、パスの精度も高い彼の力が加われば間違いなくスカッドのクオリティは向上するはずだ。

夏にバルセロナが狙うベティスの技巧派レフティー。獲得となれば結果と世代交代を同時に求められるシャビにとっては嬉しい補強となるはずだが、はたして。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ