先制点アシストにチャナティップを完封 浦和DF酒井宏樹はJ1王者撃破で攻守に輝く

スタメン出場した酒井宏樹 photo/Getty Images

江坂任の先制点のクロスを上げる

浦和レッズは富士フイルム・スーパーカップで川崎フロンターレと対戦。日本代表から復帰したばかりの酒井宏樹は、先発出場を果たしてチームの勝利に貢献している。1アシストを記録した右SBは、攻守において存在感を発揮した。

今試合で勝敗を大きく左右させたのが開始早々の先制点だ。7分に酒井が右サイドから抜け出すと中央にいた江坂任へクロスを上げる。江坂はファーポストへ狙いすましたシュートでゴールネットを揺らした。

このシーン以外でも酒井はプレスが甘いと見るやドリブルを仕掛けて積極的なオーバーラップを見せる。日本代表でもサウジアラビア戦で高いパフォーマンスを発揮しており、このゲームでもコンディションの良さを見せた。

また酒井は守備でも浦和の勝利に貢献。川崎は左ウイングに北海道コンサドーレ札幌から加入したチャナティップを先発で起用するも、ドリブル突破を許さず相手のサイドを完封する。後半から対峙したマルシーニョにも決定機は作らせずにJ1王者を相手に無失点で乗り切った。今季はJ1優勝を狙う浦和だが、右SBで酒井が1年間フルで出場することができれば、その目標にも大きく近づけるはずだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ