シーズン後半戦はより若手にスポットライトが当たる? マカティより先にブレイクが期待される19歳の逸材SB

シティで将来を嘱望されているエスブランド photo/Getty Images

出番を得られるか

先日、ジョアン・カンセロとの契約更新を発表したマンチェスター・シティ。両サイドバックを高いレベルでこなせる彼との延長は素晴らしく、比較的静かな移籍市場となったシティからすればこの延長が大きな補強ともいえる。

そんなシティだが、カンセロに続きMFジェイムズ・マカティやDFジョシュ・ウィルソン・エスブランド、MFオスカー・ボブら若手の契約更新を進めており、前述した3人との契約を延長したと公式サイトで発表している。

特に19歳のエスブランドは今後、シティを支えることになる重要な選手かも知れない。

同じくプレミアリーグのウェストハムアカデミー出身のエスブランドは2019年からシティに在籍しており、U-23の選手が集まるEDSでマカティらとプレイしている。今季はトップチームに帯同することが多くなっており、カラバオカップのウィコム・ワンダラーズ戦では若手のロメオ・ラヴィアら共に先発を務めている。

シティにとって重要なポジションである左サイドバックを本職としているエスブランド。攻撃的なSBであり、ここまでEDSでは14試合に出場し、1ゴール1アシストを記録している。シティのSBであれば必要不可欠とされる偽SBの動きは既にマスターしているといわれるほど評価の高い選手であり、シーズン後半戦で出番が期待できる選手だ。特にCLが始まることになれば再び過密日程となるため、コール・パルマーのようなブレイクに期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ