昨季J2で18得点もJ1では1ゴールに沈んだ清水FW 盟友とのコンビ復活で得点量産に期待

今季のリベンジに燃えるディサロ photo/Getty Images

ディサロはゴール数を伸ばせるか

昨季J2でブレイクを果たしたディサロ燦シルヴァーノは、今季初挑戦となったJ1の舞台では、悔しい結果に終わった。来季も清水エスパルス残留を決めたFWは、どのような活躍を見せるだろうか。

ディサロは高校時代に三菱養和ユースを経て法政大学へと進学した。2018年には4年生で全日本大学サッカー選手権大会で優勝を果たすと、大会MVPに選ばれるなど大きな活躍を見せた。2019年にギラヴァンツ北九州へ加入すると、J3を戦った初年度は26試合7得点を記録して優勝に貢献する。

J2昇格を果たした昨シーズンは35試合18ゴールと大きなブレイクを果たす。この活躍が認められ、今季から清水へ加入するも初挑戦のJ1で怪我の影響もありスタメンに定着することができず。今季24試合の出場ながら先発はわずか4試合にとどまり、ゴールも1点のみと難しいシーズンを終えた。

今季はチームも成績が上がらず残留争いに巻き込まれた。ゴール前での迫力と決定力の高さを武器とするディサロだが、チームも持ち味を活かすことはできなかった。ゴールに近い位置で仕事ができるストライカーまで、ボールを運ぶことができなかったのもあるだろう。

ディサロも自身でさらにゴールまで運んでいく力を身に付けることができれば、さらにゴール数を伸ばせるはずだ。来季は高橋大悟の復帰も決まっており、北九州でのホットラインが復活する。高橋の高い技術でのチャンスメイクからゴール前で強さを見せるディサロのコンビがJ1を席巻していくかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ