浦和レッズの攻撃の完成形が見えた? 1年間で作り上げた“変形型偽9番”

5得点で柏に快勝した浦和 photo/Getty Images

連動性とエース起用の両取り

明治安田生命J1リーグ第33節で浦和レッズは柏レイソルに5-1と勝利した。汰木康也の2ゴールと関根貴大のPK、キャスパー・ユンカーと江坂任の得点で5ゴールを奪い大勝している。

ここ数試合は追加点が奪えずに勝利することができなかった浦和。しかし柏戦で大量得点を決め、攻撃の完成形が見えてきたかもしれない。

今季はシーズン途中で大型補強を決行。中盤以降ではキャスパー・ユンカーの獲得に皮切りに江坂任や平野佑一など、即戦力クラスの選手をチームに加えて強化している。そんな中でユンカーは加入後すぐに得点を量産。J1デビューから6試合で7ゴールを奪う活躍を見せた。

夏場以降はユンカーの不調や怪我による離脱もあり、江坂を“偽9番”として1トップに据えた[4-2-3-1]のシステムを採用。2列目の選手たちがポジションを入れ替わりながら攻撃に参加し、得点数も増加するなど連動した攻撃で7試合無敗を記録する。

そして迎えた柏戦では、ユンカーの下に江坂を配置したリカルド・ロドリゲス監督。以前もこの形は試しているものの、この試合では江坂が下がりながらボールを受け、その中央のスペースをサイドの選手が補完し、両SBが高い位置を取る夏場以降の戦い方を施行する。

加えて最前線にはユンカーを据え、カウンターからも彼のスピードとゴール前での技術力で得点を奪うという今季の浦和の戦い方を融合させたような形で5ゴールを奪った。1年をかけてあみ出した戦法は最前線にゴールへの嗅覚と技術に優れたユンカーを置きながら、江坂が引いたスペースを2列目の選手がオートマチックに入る“ユンカー+偽9番”というスタイルだったのだ。

この後は天皇杯のガンバ大阪戦を挟み、11月3日には首位・川崎フロンターレと対戦する。前回対戦は0-5で大敗するも、ルヴァンカップでは善戦した浦和。攻撃の完成形を見つけ出し、川崎に今季2度目の黒星を付けられるか。天皇杯のG大阪にも直近のリーグ戦では悔しい引き分けに終わっている。さらに得点を量産して川崎戦へと弾みをつけたいところだが、結果はどうなるだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ