EUROから続く“デンマーク旋風” プレミアでも続々増える才能

トッテナムではホイビュルクが活躍 photo/Getty Images

プレミアでは18人もプレイ

EURO2020でベスト4に入る旋風を巻き起こしたデンマーク代表。攻守両面で優秀なタレントが揃っていたが、今その波がイングランド・プレミアリーグにもきているのだ。

例えばチェルシーにはDFアンドレアス・クリステンセン、クリスタル・パレスには同じくDFヨアキム・アンデルセン、レスター・シティには超大型DFヤニック・ヴェステルゴーが加わった。3人ともEUROのメンバーに入っていたセンターバックだ。

GKではカスパー・シュマイケルが今季もレスターの守護神を務めており、プレミアで経験を積むデンマーク人選手は多い。

さらにトッテナムには中盤の要であるピエール・エミール・ホイビュルクがいる。今やワールドクラスの守備的MFと言っていいだろう。

ブレントフォードでは若いビストルップも奮闘 photo/Getty Images

若手もプレミアで成長中

もう1つ注目したいのは昇格組のブレントフォードで、ここにはDFマッツ・ベック・セーレンセン(22歳)、マッツ・ルアスレウ・ラスムッセン(22歳)、ルカ・ラチッチ(23歳)、MFマッズ・ビストルップ(20歳)、クリスティアン・ノアゴー(27歳)、マティアス・イェンセン(25歳)と6人もデンマーク人選手がプレイしている。

若いセーレンセン、ラスムッセン、ラチッチ、ビストルップはそれぞれ世代別のデンマーク代表でプレイしており、プレミアリーグの環境で経験を積んでいるのは貴重だ。今後はA代表でも存在感を発揮するかもしれない。

世界を代表する強豪の仲間入りを果たすのか。プレミアでは計18人ものデンマーク人選手がプレイしており、その存在感は目立ってきている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ