降格クラブで“セリエA20ゴール” 上のステージで見たい198cmの超大型FW

クロトーネで活躍するシミー photo/Getty Images

このままセリエBへ行くのはもったいない

昨季セリエAで20得点を挙げた大型ストライカーの今後はどうなるのか。

注目されているのは、クロトーネに所属するナイジェリア代表FWシミーことシメオン・ヌワンコだ。

同選手のキャリアはなかなか興味深く、2019-20シーズンにはセリエBにて20得点を記録し、チームの昇格に貢献。

すると、昨季はセリエAにて同じく20得点を挙げる活躍を披露した。セリエBとセリエAではレベルも大きく異なるのだが、まったく同じ得点数を挙げてくる例は極めて珍しい。

しかもクロトーネは下位に沈み、結局は19位で降格してしまった。そのチーム状況にも関わらず20得点も挙げるのは見事で、29歳にして遅咲きのブレイクを果たしている。

問題はここからのキャリアだ。クロトーネとは来夏までの契約となっているが、セリエAで20得点も挙げた選手がセリエBで新シーズンを迎えるのはもったいない。

移籍情報サイト『Transfermarkt』の市場価値では昨夏開始時点で250万ユーロだったが、現在では800万ユーロまで上昇している。

SNSでは29歳の年齢がもったいないとの声が出ているが、それでも獲得すれば戦力となるだろう。198cmのサイズも魅力的で、もっとトップリーグで挑戦してほしいストライカーだ。

このまま下位リーグで戦うのは寂しい気もするが、遅れて才能が開花したシミーの新シーズンはどうなるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ