マンUの将来を担うのは“リヴァプール&マンC産”? 禁断の移籍を果たした逸材とは

リヴァプールのアカデミーで活躍したエニス photo/Getty Images

リヴァプールのアカデミーから移籍のエニス

リヴァプールのアカデミーで活躍していた16歳のMFイーサン・エニスがマンチェスター・ユナイテッドのアカデミーへと移籍が決定。リヴァプールの逸材がライバルクラブへまさかの移籍となった。

エニスは2004年生まれの現在16歳のイングランド人MF。昨季はリヴァプールU-18に所属するとU-18プレミアリーグで7試合2得点をマークした。トップチーム昇格へ大きな期待を寄せられたアタッカーが、まさかのマンU移籍を果たす。

リヴァプールとの契約延長のオファーを断ってマンUへと加入したエニス。もしトップチームで出場することとなれば、大きな注目を浴びる存在となるだろう。またアンフィールドでマンUのユニフォームを着て出場となれば、リヴァプールのファンは複雑な思いで彼を見届けることとなるかもしれない。

またアカデミーにはマンチェスター・シティ出身のFWチャーリー・マクニールが在籍。マンCの下部組織でゴールを量産した17歳は、すでにマンUのU-23チームでもデビューするなど将来を嘱望されているストライカーだ。

将来彼らがマンUのアカデミーからトップで活躍することとなれば、ライバルクラブから加入した両選手が中心となる可能性もあるだろう。そんな未来が実現するのか、今後が楽しみだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ