直近15年でメッシ、アザールら“5人”しか持たぬ数字 サンチョはプレミアで通用するか

活躍の場をドルトムントへ移すサンチョ photo/Getty Images

ブンデスでの活躍をプレミアでも続けられるか

ついにFWジェイドン・サンチョのマンチェスター・ユナイテッド移籍が正式発表された。

サンチョは2017年に出番を求めてマンチェスター・シティからドルトムントへと渡ったが、4年の時を経てスタープレイヤーとしてイングランドへ戻ってくることになった。移籍先がライバルクラブのマンUということもあり、新シーズンのプレミアリーグでは1、2を争う注目を集めるだろう。

1つのポイントとなるのは、ブンデスリーガと同じ活躍をプレミアリーグでも出来るかどうかだ。サンチョはドルトムントで一流アタッカーとなり、2019-20シーズンにはブンデスリーガで17得点16アシストの成績を残している。

2006-07シーズン以降、欧州5大リーグで1シーズンに15得点15アシスト以上を達成した選手はサンチョを含め5人しかいない。バルセロナFWリオネル・メッシ、レアル・マドリードFWエデン・アザール、ユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウド、アトレティコ・マドリードFWルイス・スアレス、そしてサンチョだ。

メッシはバルセロナで複数回達成しており、アザールはリール時代とチェルシー時代に1度ずつ、ロナウドはレアル時代、スアレスはバルセロナ時代に達成している。

サンチョはこれをプレミアでも求められることになり、それが出来れば文句なしのワールドクラスと評価されるだろう。イングランド代表での序列も変わってくるはずで、EURO2020のようにベンチスタートとはならないはずだ。

果たしてサンチョは1年目から得点とアシストの両方で結果を出せるのか。ブンデスリーガからプレミアリーグへ渡った選手の中には苦戦を強いられた者もいたが、1シーズン目からトップパフォーマンスが求められている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ