蘇るカカー2世と潰し屋MF セレソンを支える“2人”の実力者

ブラジル代表でポジション掴むパケタ photo/Getty Images

注目はネイマールだけではない

相変わらず南米で圧倒的な力を見せるブラジル代表は、現在行われているコパ・アメリカ2021でも決勝へ進出。派手なゴールラッシュはないものの、準々決勝と準決勝の両方を1-0で制するなど安定感は抜群だ。

やはりブラジル代表で注目を集めるのはエースのネイマール、あるいは最終ラインとチームのリーダーであるDFチアゴ・シウバといったところだが、他にも注目すべき選手がいる。

まず1人は準々決勝のチリ代表戦、準決勝のペルー代表戦で決勝点を挙げたMFルーカス・パケタの存在だ。

パケタといえば2019年冬にフラメンゴからミランに移籍した際に大きな注目を集め、カカー2世などとも呼ばれた攻撃的MFだ。残念ながらミランではリーグ戦1得点に終わったのだが、見事だったのはそこからの巻き返しだ。

再起をかけて移籍したフランスのリヨンでは、2020-21シーズンにリーグ戦で9得点5アシストを記録。改めて才能を証明することになり、タレントが多く揃うセレソンでもスタメンの座を確保している。

コパ・アメリカでのパフォーマンスでさらに評価は上がったはずで、来年のワールドカップ・カタール大会でもポジションを守れるかもしれない。

中盤を走り回るフレッジ photo/Getty Images

今のセレソンはスターだけのチームではない

そしてもう1人。マンチェスター・ユナイテッド所属の守備的MFフレッジだ。

ブラジルにはレアル・マドリードMFカゼミロ、リヴァプールMFファビーニョと優れた守備的MFが2人いるのだが、代表監督のチッチはファビーニョよりフレッジを好んで起用している。準々決勝、準決勝ではカゼミロとフレッジが中盤の守備を担当しており、ファビーニョはベンチスタートだった。

フレッジの場合は左利きということも関係しているのだろうが、ネイマールの後方に生まれるスペースをケアする存在としてチッチの信頼を得ている。ネイマールの守備負担を軽減することはブラジル代表にとっての課題であり、豊富な運動量でその仕事をこなしてくれるフレッジは重要な存在なのだ。

クラブでの評価ならばカゼミロ、ファビーニョの方が上だが、フレッジはセレソンにおける陰の実力者と言える。派手さはないが、今後もチームのキングであるネイマールのために走り回る存在として重宝されていくことだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ