“小さな魔術師がセリエAに帰ってくる? 昇格組の救世主になるか

現在はサウジアラビアのアル・ヒラルでプレイするジョビンコ photo/Getty Images

攻撃面での補強は必須か

かつて元日本代表MF名波浩(現・松本山雅FC監督)がプレイしたことでも知られるイタリアの古豪ヴェネツィア。昨季のセリエA昇格プレイオフを制したことで、今季は2001-02シーズン以来20年ぶりに最高峰の舞台へ帰ってくることとなった。昨季のクロトーネやベネヴェントをはじめ、近年は昇格組がなかなかトップリーグを維持することができず、セリエAとセリエBを行ったり来たりすることが多い。ヴェネツィアがまず目指すのは、セリエAへの定着だろう。

そこで重要となりそうなのが、今夏におけるチームの戦力アップだ。特に攻撃面での補強は必須かもしれない。ヴェネツィアは昨季、セリエBのレギュラーシーズンを15勝14分9敗の5位で終えた。得点「53」という数字は、昨季のセリエBにおいて決して悪くない(リーグ5位)。FWフランチェスコ・フォルテが14ゴールで得点ランキングの4位につけており、得点源も確立されている。ただ、引き分けの数から見てもわかる通り、あと1点が欲しい場面で攻撃陣が点が奪えていない印象がある。ここぞという場面でチームを勝利へと導ける勝負強いアタッカーが足りていないのだ。

トップリーグでは勝ち点争いがよりシビアなため、その1点がクラブの明暗を大きく分ける可能性もある。もちろん、そこら辺はヴェネツィアもしっかり理解しているだろう。同クラブは来季へ向けて、かつてユヴェントスなどでプレイし、自ら点を取ることができ、チームメイトに取らせることもできる元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコの獲得を検討しているという(伊『GIANLUCA DI MARZIO』より)。

ジョビンコは164センチの小柄な体格ではあるが、高い足もとの技術を生かして、レンタルでプレイしたパルマ時代にはセリエAで15ゴール13アシストを記録(2011-12シーズン)したテクニシャンだ。2015年1月に戦いの舞台をアメリカへ移して以降、欧州から遠ざかっており、現在はサウジアラビアでプレイ。サッカーの最高峰の舞台ではないが、MLS時代にはMVPや得点王を獲得しており、サウジ・プロフェッショナルリーグでも昨季はやや苦戦を強いられたが、2019-20シーズンは26試合に出場して7ゴール7アシストとしっかり結果を残している。ヴェネツィアの救世主として、十分戦力になるのではないか。

もしジョビンコがヴェネツィアへ移籍することとなれば、6年半ぶりの母国復帰だ。“小さな魔術師”の華麗なプレイが今季、久しぶりにイタリアで見られるかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ