無得点でもレッズの攻撃を変えた“仙台キラー” 興梠慎三の途中投入で見せた新たな可能性

今季さらなる興梠の得点が見れるか(写真は横浜FC戦) photo/Getty Images

攻撃のアクセントを加えた興梠

浦和レッズはベガルタ仙台と対戦し、スコアレスドローで終了。途中投入となった興梠慎三は、浦和の攻撃にアクセントを加える役目となった。

無得点で迎えた67分に投入された興梠。田中達也との交代となり、リーグではキャスパー・ユンカーと小泉佳穂の3人が初共演となった。

興梠はユンカーとの2トップの形となり中盤の位置まで降りてボールを受ける。かと思えば、すぐさま相手の裏のスペースを狙って飛び出し一気にチャンスをつくる。興梠が入り縦横無尽に動き回ることで、仙台は守備のマークの受け渡しが難しくなった。ゴールネットを揺らすことはできなかったものの、ターゲットマンとなるユンカーの隣で興梠の特徴がさらに出しやすくなった。

またこの2人の良さを最大限まで伸ばしているのは、小泉の存在だろう。湘南ベルマーレ戦でもユンカーと興梠の2トップは見られたものの、小泉がいないことで2人に対してのボールを供給することができず、浦和の強力な2トップは諸刃の剣となっていた。小泉が中央でボランチと前線をつなぐリンクマンになることで、彼ら2人の攻撃も活きるのだ。

ただ近年に比べると試合数をあまりこなせていない興梠は、チャンスをものにできていない印象だ。PKの1点はあるものの、リーグでは流れからは無得点。“仙台キラー”と呼ばれるなど得意としていた仙台にもゴールを奪えなかった。新加入選手たちと息の合ったコンビネーションからゴールネットを揺らすエースの姿をまた見たいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ