ワン・ビサカの競争相手に? イングランド復帰を望むトリッピアーの行方は

イングランド復帰を希望するトリッピアー photo/Getty Images

アトレティコでリーガ制覇を達成した

今季はプレミアリーグで2位となったマンチェスター・ユナイテッド。近年はマンチェスター・シティが4年で3度プレミアを制しており、来季こそ覇権奪還へリーグタイトルを勝ち取りたい。

そんなマンUが来季の補強に向けて話を進めているようだ。すでにオファーを提示している選手がアトレティコ・マドリードのキーラン・トリッピアーである。マンUは右SBをアーロン・ワン・ビサカが務めているが、さらなるSBの強化にトリッピアーを指名している。

トリッピアーもイングランド復帰を望んでおり、マンUに移籍希望を出しているとも伝えられている。イングランド代表のSBは、豊富な運動量を活かした上下動とキックの精度が非常に高い。足元の技術もあり経験も豊富なため、まだ23歳と若いアーロン・ワン・ビサカと競わせることで両選手ともにさらなる成長を期待しているのではないか。

ただ交渉は簡単には行っていないようだ。英紙『Mirror』では、マンUがアトレティコに対して1200万ユーロ(約15億9000万円)のオファーを提示するも、アトレティコがこれを断ったと報道。契約解除金に設定している4000万ユーロ(約26億5000万円)を以上を求めており、それ以下ではオファーに応じない構えであると伝えられている。

先日のUEFA EURO2020では左SBも務めたトリッピアー。アトレティコでも欠かせない選手となっており、今季彼が離脱した期間はアトレティコも調子を落としている。イングランドへの復帰を望んでいるSBに対してマンUはどのようなオファーを提示するのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ