清水でくすぶる新加入ディサロ 昨季J2を沸かせた男に立ちはだかるJ1の壁

清水に加入したディサロ(画像はイメージ) photo/Getty Images

早くゴールが欲しいディサロ

昨季セレッソ大阪で結果を出したミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を招聘した清水エスパルス。また、補強面ではチアゴ・サンタナ、日本代表の権田修一、原輝綺といった実力者を多数獲得し、開幕戦は鹿島アントラーズに競り勝つなど今季のダークホースかに思われた。しかし、そこから波に乗れず現在は降格圏ギリギリの16位となっている。そんな中、未だにゼロゴールと期待に応えられていないのが今季加入組のディサロ燦シルヴァーノだ。

法政大学出身のディサロは2019年にギラヴァンツ北九州に加入。昨季18ゴールを挙げ、ピーター・ウタカに次ぐJ2得点王ランキング2位となった。クラブは終盤に失速し、昇格を逃したものの清水に移籍することになり、今季から自身初のJ1の舞台で戦っている。

北九州ではボックス内での決定力に加え、ペナルティエリア外からでも決めるシュート力の持ち主であったディサロだが、清水では出場機会も多くはなく未だにゴールネットを揺らすことが出来ていない。

そんなディサロだが22日に行われたコンサドーレ札幌戦では4月の第8節浦和レッズ戦以来の先発となった。ポジションは[3-4-2-1]の最前線9番としてピッチに立ったが、終始札幌がボールを持つ展開となっており、守備に追われる試合となった。

自身の強みである素早いターンから何度か前を向けていたが、そのあとが続かずボールロストのシーンが散見されていた。後半からはカルリーニョス・ジュニオと前線で並ぶ2トップとなったが、良い形が作れずベンチに下がることとなった。ワンタッチでの連携や素早いターンなど悪くないプレイも見せていたが、ゴールが遠い試合となってしまった。

このようにJ1初挑戦の今季は苦戦気味のディサロ。それでもまだ、今季は半分以上残されており、今後の躍動に注目したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ