現サッカー界最強の“両足使い”? ムバッペにも劣らぬガラスのアタッカー

トップレベルの才能を持つデンベレ photo/Getty Images

コンディションさえ安定していれば

現サッカー界最強の両足使いと言っても大袈裟ではないか。どちらが利き足か分からないほど巧みに両足を使ってくるのが、バルセロナFWウスマン・デンベレの特長だ。

2017年にバルセロナへやってきたデンベレは怪我が続いていたが、コンディションさえ安定していれば同じフランス人アタッカーのキリアン・ムバッペにも負けないレベルの才能を備えている選手だ。

両足使いの凄さは数字にも表れている。デンベレはバルセロナで通算28得点を記録しているが、綺麗に半分ずつ右足と左足で決めている。

今季もチャンピオンズリーグでの3点は右足で奪っているが、リーグ戦での4点は右足が1点、左足が3点の内訳となっている。ここまでバランスよく左右両足でネットを揺らしてくるアタッカーも珍しいだろう。

両足を使えることはドリブルを仕掛ける際にも大きな武器となり、相手DFは読みにくい。怪我さえなければ、デンベレは理想に近いアタッカーと言えよう。

先日発表されたフランス代表メンバーの中には、デンベレの名前もあった。24日に行われたワールドカップ・カタール大会欧州予選のウクライナ戦に途中出場したが、デンベレが代表でプレイするのは2018年11月に行われたネーションズリーグのオランダ戦以来だ。長らく代表から遠ざかっていたことになり、今夏のEURO2020へ猛スパートといったところか。

ムバッペとの共演も見てみたいところで、フランスにとっても大きな戦力となるのは間違いない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ