5年以内にワールドクラスとなることも可能か マンUで燻る19歳の未来は

今季マンUでなかなか結果を残せていないグリーンウッド photo/Getty Images

現時点では苦境に立たされているものの

2020-21シーズン、思うようにエンジンが掛かっていないものの、マンチェスター・ユナイテッドに所属する19歳のストライカーは今後どこかでトップフォームを再発見することができるか。昨季ブレイクを果たしたティーンエイジャーに対する期待値は今も高い。

そのティーンエイジャーとは、もちろんイングランド代表FWメイソン・グリーンウッド のことだ。昨季はトップ昇格1年目でいきなり公式戦50試合に出場し、19ゴールを挙げる大活躍を披露した同選手。しかし、2020-21シーズンの彼はいまだ15試合の出場で3ゴール2アシスト。まだ19歳という年齢を考えれば悪くない成績と言えるが、昨季の躍動ぶりを考えれば物足りない。近頃はピッチ外での素行不良も目立ち、10月にはその生活態度についてクラブと話し合いの場が持たれたとも英『Daily Mirror』が伝えている。

ブレイクを果たした昨季から一転して、今季は早くもキャリアにおける正念場を迎えているグリーンウッド。まだ若い選手ではあるものの、このままズルズルと嫌な流れを引きずるのはマズい。衝撃のデビューを飾るも結局マンUで大成できなかったラヴェル・モリソンの例も頭にはチラつくだけに、そろそろグリーンウッドには本来の姿を取り戻してほしいところ。だが、クラブOBのアンディ・コール氏は彼の将来に関してそこまで心配はしていないようだ。この19歳に関して、同氏は自身の見解をポッドキャスト『The Target Men』へ次のように語る。

「グリーンウッドは今後5年以内に世界最高のストライカーの一人としてリストに名を連ねることとなるだろう。彼はそうなるための全ての能力を備えている。一生懸命努力することを継続さえできれば、フットボールの世界で彼が達成できないことはないと思うよ。最近は人々から色々言われているけれど、ユナイテッドに彼のような若者がいることに私は興奮しているよ」

現在は周囲でさまざまな懸念が渦巻いているグリーンウッドだが、その才能は本物。サッカーに集中することさえできれば、彼はクリスティアーノ・ロナウドやウェイン・ルーニーのようなキャリアを送ることも可能か。マンUで燻るビッグタレントの今後は大いに気になるところだが、はたしてグリーンウッドの未来はいかに。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ