バイエルンのライバルたちは強力すぎる 進むべき道に迷う19歳の新鋭FW

バイエルンのザークツィー photo/Getty Images

冬のレンタル移籍を検討

バイエルン・ミュンヘンで強力すぎるライバルたちに囲まれる若きストライカーは、はたして今後どこで成長を遂げていくのだろうか。19歳のFWジョシュア・ザークツィーが自身の選択すべき道に悩んでいる。

ユース時代から得点を量産し、昨季ついにトップチームでの出場機会を得たザークツィー。同選手は身長193cmと恵まれたサイズを誇り、繊細な得点感覚や足元の技術にも長けた万能型と言えるストライカーだ。昨季はデビューシーズンながら公式戦12試合に出場し、4ゴール1アシストという成績を残している。まだ10代のストライカーとしては十分すぎる成績を残したと言っていいだろう。

しかし、それでも今季ザークツィーがバイエルンで安定した出場機会を得ることができていない。彼と同じポジションには、昨季公式戦で驚異の55ゴールを記録したポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが絶対的エースとして君臨。加えて、クラブは今夏移籍市場でCFにカメルーン代表FWエリック・マキシム・チュポ・モティングを補強している。そういった事情から、今のザークツィーにはあまり出番が回ってこない。今季はここまでリーグ戦3試合に出場しているものの、プレイタイムはわずかに91分となっている。

そんな現状を鑑みて、ザークツィーの中には「このままでいいのだろうか」という気持ちが芽生え始めた様子だ。さらなる出場機会を求めて、今冬のレンタル移籍も考え始めていると同選手は蘭『AD』に対して次のように話す。

「今の僕には多くの試合でフル出場することが重要だ。最高の状態を維持しようと、常に準備はしているけどね。可能であれば、冬の移籍市場でどこかのクラブにレンタル移籍することも考えなければと思っている。それは選択肢の一つだよ」

夏の移籍市場においても、武者修行先を探していたとされるザークツィー。やはりベンチで過ごす時間が長いこの状況、伸び盛りの若手としてはなかなか受け入れがたいものなのだろう。バイエルンで世界最高峰の技を仲間から盗むより、まずはとにかく出場機会。現在のような状況が続くようであれば、ザークツィーが冬にレンタル移籍を選ぶことは濃厚か。バイエルンの新鋭FWは今、悩みに悩んでいる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ