“最強サイドバック”の代役はいない バルサ右サイドは呪いのポジションに

ウルブズに移籍したセメド photo/Getty Images

セメドもバルセロナを離れる

1度史上最高クラスのサイドバックを知ってしまうと、その影を消すことは非常に難しい。バルセロナにとってダニエウ・アウベスの穴は大きすぎるのだ。

23日、イングランドのウォルバーハンプトンはバルセロナからポルトガル代表DFネウソン・セメドの獲得を発表した。セメドは右のサイドバックを担当する選手で、バルセロナはセメドでもダニエウ・アウベスの穴を埋めることはできなかった。

近年のバルセロナにおいてアウベスほど完成された右サイドバックは存在せず、当時はリオネル・メッシとのコンビネーションも抜群だった。世界最高クラスと言われた攻撃力、バルセロナの哲学に合う足下の技術、そして南米選手らしい少しのずる賢さと、アウベスはバルセロナのサイドバックに必要な要素を全て揃えていた。

バルセロナで活躍したアウベス photo/Getty Images

セメドがバルセロナに加入したのは2017年のことだが、この3年間で特大のインパクトは残せなかった。セルジ・ロベルトも右サイドバックをこなすが、さすがに攻撃力はアウベスに敵わない。

スペイン『MARCA』は「アウベスの退団からバルセロナの右サイドバックは呪われたポジションに」と伝えているが、アウベスの代わりを求めるのは無理な話なのだろう。

攻撃性では2018ロシアワールドカップで日本代表戦でゴールも決めたセネガル代表のムサ・ワゲが所属しているが、21歳のワゲはまだ即戦力と考えられていない。今夏にはギリシャのPAOKテッサロニキにレンタル移籍することが決まっており、まだ経験を積む必要があるということなのだろう。

現在はアヤックスでプレイする19歳のアメリカ代表DFセルジーニョ・デストの獲得を狙っているようだが、ダニエウ・アウベスのいなくなった右サイドバックで答えを見つけられるのか。ここ最近は担当者が次々と替わる状況になっている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ