マンU下部組織にいる未来の“小さな巨人” 巨大な才能備えた16歳の逸材

マンUのアカデミーで着実に成長するショアタイア photo/Getty Images

「信じられないほどの才能を備えた選手」

現在トップチームで活躍するFWマーカス・ラッシュフォードやFWメイソン・グリーンウッドに続く存在となれるのか。マンチェスター・ユナイテッドの下部組織で、またも楽しみなヤングタレントが順調に成長してきている。

そのヤングタレントとは、U-16イングランド代表FWショラ・ショアタイアだ。ウイングを主戦場とする同選手は2004年生まれの16歳。体格は小柄なものの、そのハンデを感じさせないボールテクニックとセンスで相手守備者を翻弄する彼は、今季早くもU-23カテゴリでのデビューを済ませている。この調子で成長を続けるならば、そう遠くない未来にトップチームでのプレイ機会も与えられると評判の逸材だ。

そんなショアタイアの才能に関して、ニューカッスル下部組織時代に彼を指導していたリー・クラーク氏が言及している。同氏はこの若者が我々の想像し得ないポテンシャルを秘めているし、16歳のFWを次のように絶賛した。英『Daily Mirror』が伝えている。

「ショラは信じられないほどの才能を備えた選手だよ。素晴らしいペースと動き出しのセンスを持っている。そして、決して大柄ではないのにとてもパワフルなんだ。16歳にして、もうU-23カテゴリでデビューを果たしたのもそういった面が評価されてのことだろう。彼の能力にユナイテッドのファンはさぞ興奮しているはずだ。間違いなく特別なタレントと言えるだろう。本音を言うとニューカッスルに残したかったんだけど、残念ながら僕らにできることは何もなかったね」

そのプレイスタイルや、ナイジェリアにルーツを持つ選手であることから、現地では元ナイジェリア代表MFオーガスティン・オコチャと比較する声も出始めているショアタイア。はたして、このティーンエイジャーは将来どこまでスケールの大きな選手へと成長していくのだろうか。数年後のマンUで“小さな巨人”が暴れる日を、ファンは待ちわびている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ