バロンドールの称号がなくてもNo.1 大暴れした“今季最高”の点取り屋

今季圧巻のパフォーマンスを披露したレヴァンドフスキ photo/Getty Images

バロンドールはなくても記憶に残る

2019-20シーズンのサッカー界における主役は間違いなくこの男だったと言っていいだろう。圧巻の得点力でバイエルン・ミュンヘンの3冠達成の多大な尽力を果たした男。ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキだ。

今季レヴァンドフスキが決めた得点数は驚異の「55」。シーズン50得点以上という数字はクリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシにしか達成し得ないと思っていたファンも多かったはずだが、この男は見事その大台を突破してみせた。チームの3冠に大きく貢献しただけでなく、その全てのコンペティションで得点王を獲得した怪物FWには各方面から絶賛の声が絶えない。

この成績であれば、レヴァンドフスキはあらゆる賞を総ナメにすることも可能だろう。しかし、その中でも最高の栄誉と言える賞をレヴァンドフスキは受賞できないことが濃厚だ。仏『France Football』は新型コロナウイルスの影響により公正な判断ができないとして、今年度のバロンドール中止を発表したのだ。選考さえ行われれば受賞の最右翼とも言えたレヴァンドフスキだが、不運としか言いようがない。

しかし、バロンドールという称号がなくても、今季のレヴァンドフスキはサッカーファンの記憶に残り続けるはず。そう主張するのは元ポルトガル代表FWヌーノ・ゴメス氏だ。米『Stats Perform』のインタビューに対して、同氏は今季最高の輝きを放ったポーランド代表FWを次のように称賛している。

「今季のレヴァンドフスキのパフォーマンスは、バロンドールを受賞するに相応しいものだった。誰と対峙しても、彼は常に相手にとって致命的なストライカーだった。少しでもスペースを与えればレヴァンドフスキはゴールを決める。DFが最も注意すべき危険な選手だったよ。現時点で世界最高のFWであることは疑いようのない事実だよ」

圧倒的な活躍で人々に強烈なインパクトを残した2019-20シーズンのレヴァンドフスキ。バロンドールの中止は残念だが、我々は今後も彼の素晴らしい活躍を忘れることはないだろう。とはいえ、今の彼ならば来季もシーズン50得点を達成することができそうな雰囲気がある。気を取り直して、レヴァンドフスキは来年度のバロンドール獲得を目指してほしいところだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号は、欧州4大リーグのシーズンレビュー。コロナ禍の混乱があったものの、新たな若手が躍動したり、新指揮官が辣腕を振るったりと見所満載だったシーズンを、業界屈指のライター陣が振り返ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ