まだ“21歳”なのに完成度高すぎる ミランを支える196cmの絶対的守護神

ミランのドンナルンマ photo/Getty Images

「完璧なGKだと思う」

現在、世界最高のGKを選ぶとするのであれば誰になるか。リヴァプールのアリソン・ベッカー、アトレティコ・マドリードのヤン・オブラク、レアル・マドリードのティボー・クルトワ、バルセロナのマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン……。候補は多い。

しかし、そんな名手が揃う争いに殴り込みをかけようとする若手守護神がいる。ACミランのジャンルイジ・ドンナルンマだ。2015-16シーズンに16歳の若さでセリエAデビューを飾った同選手。若手と言っても経験は豊富だ。先日は早くも公式戦200試合出場を達成し、今季リーグ戦では13試合でクリーンシートを記録。身長196cmというサイズを誇りながらも、アジリティを含めた全て能力でハイレベルなものを備えているGKは、今や押しも押されもせぬミランの守護神に成長している。それだけに、そろそろ最強の座を決める争いに加えてもいい頃だろう。

クラブOBの元イタリア代表GKマルコ・アメリア氏も、そんなドンナルンマの成長には舌を巻いているようだ。伊『TMW』のインタビューに登場した同氏は、この後輩守護神を次のように絶賛している。

「ドンナルンマは非常に若いにもかかわらず、完璧なGKだと私は思うよ。まだシーズンを通してみればいくつかミスを犯すこともあるけれど、それはどれだけ素晴らしいGKにだって起こることだ。そんな彼にあと必要なのは欧州レベルでの経験だけだと思う。私はドンナルンマがミランでそれを積んでいくことを望んでいるよ。誰でも彼が素晴らしいGKだということを知っている。改善点こそまだいくつかあれど、ドンナルンマはすでに完成されているよ。もちろん、まだまだ成長することもできるけどね」

もちろん伸び代もまだあるが、すでにそのレベルはGKとして完成の域に達しているとアメリア氏に評価されたドンナルンマ。同世代どころか、現役選手全てを含めても彼と肩を並べるだけの守護神などそうはいないか。次に狙うは“世界最高GK”の座。ミランで成長する21歳が着実にトップとの差を詰めてきている。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号は、欧州4大リーグのシーズンレビュー。コロナ禍の混乱があったものの、新たな若手が躍動したり、新指揮官が辣腕を振るったりと見所満載だったシーズンを、業界屈指のライター陣が振り返ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ