ロナウジーニョが“ロナウド級”と絶賛した19歳 アーセナルで伸びるヤングFW

アーセナルのマルティネッリ photo/Getty Images

レジェンドからの称賛に本人は

今季のアーセナルではウナイ・エメリ前監督、そしてその後を引き継いだミケル・アルテタ監督の下で多くのヤングスターが頭角を現している。その中でも最高級の輝きを放っているのがFWガブリエウ・マルティネッリだ。昨季ブラジル2部でプレイしていた19歳はここまで公式戦26試合に出場し、10ゴールを記録。ガナーズの希望となっている。

そんな出色のパフォーマンスを披露するマルティネッリには、各方面から称賛の声が届いている。元ブラジル代表MFロナウジーニョ氏もその一人で、今年1月に同氏はマルティネッリについて「欧州1年目のロナウドを彷彿させる。彼も同じ場所を目指せるはずだ」とコメントしている。当時、ブラジルのレジェンドがまだ19歳の若者に対してこのような評価を与えたことに人々は驚いたことだろう。

そしてどうやら、本人もこのロナウジーニョ氏の発言には度肝を抜かれたようだ。アーセナル公式YouTubeチャンネルのインタビューにて、マルティネッリはレジェンドから受けた称賛について自身の思うところを口にしている。かつて“怪物”と欧州でプレイするDFたちに恐れられたロナウド氏と比較されたことは光栄で、今でも信じられないと19歳は次のように語る。

「その話を初めて聞いたときはワオって感じだったね。信じられなかったよ。僕は最近までブラジルにいたから、それはクレイジーなことだったさ。サンパウロ州選手権はプレミアのようなリーグではないからね。このクラブに来てからは本当に信じられないことの連続さ。プレミアという舞台でプレイすることができるし、かつてのブラジル最高の選手が僕のことをサッカー界最高のFWと比較してくれる。本当に僕のことを話しているのかなって感じだよ」

自身に対する周囲からの評価がとてつもないレベルに達していることに、マルティネッリはまだ少しだけ違和感を感じているようだ。しかし、今季ここまで10ゴールをいう結果は紛れもなく彼自身の力で掴み取ったもの。彼がその称賛に値するだけのパフォーマンスを披露していることは間違いない。

アーセナルで伸びるブラジル産のストライカー。マルティネッリがいずれ本当にロナウド級の選手となることはあるのか。19歳のさらなる飛躍に期待がかかる。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」第2章。2010年代に入り、多くの日本人選手が欧州へ羽ばたいた時代へ。香川真司、長友佑都、本田圭佑、岡崎慎司、長谷部誠ほか……。欧州で足跡を残したサムライたちの偉業を豊富な写真とともに振り返ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ