34歳がカナリア軍団を“1人”で振り回す 天才ジダン伝説のブラジル戦[映像アリ]

2006W杯で活躍したジダン photo/Getty Images

2006W杯で躍動

今や指導者としてもトップレベルの実力者だったことを示しているレアル・マドリード指揮官ジネディーヌ・ジダン。

サッカーの神に愛された存在と言えるが、今から14年前はまだプレイヤーとしてピッチを支配していた。

英『Sportbible』が改めて振り返ったのは、2006ドイツワールドカップのことだ。当時ジダンは34歳と大ベテランの領域に入っていたが、フランス代表の10番を背負ってチームを牽引。準優勝の成績を収めた。

その中で同メディアが最高のパフォーマンスの1つだったと絶賛したのが準々決勝のブラジル代表戦だ。

当時のブラジルはロナウジーニョを中心にロナウド、アドリアーノ、カカー、ゼ・ロベルト、ジウベルト・シウバ、ルシオなど攻守両面に多くの実力者を抱える最強軍団の1つと考えられていた。

そんなカナリア軍団を1人で面白いように振り回したのがジダンで、全盛期を思わせる圧巻のテクニックでゲームをコントロール。フリーキックからティエリ・アンリのゴールまでアシストし、チームを1-0の勝利へと導いた。

全盛期は過ぎていたかもしれないが、あのゲームもジダンのキャリアの中で最高に近いものだったと言えよう。

特にスピードアップしているわけではないのだが、ゆったりとブラジルの選手たちをいなしていくプレイはお見事だった。



●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ