超強烈ヤングスターが作る新時代 ゴールデンボーイ候補に久保&菅原が

AZの菅原 photo/Getty Images

今の若手はとんでもない逸材揃い

若手版バロンドールと言える伊『TuttoSport』主催の「ゴールデンボーイ2020」の候補者100名が発表された。

欧州で活躍する21歳以下の選手に贈られる賞で、昨季はアトレティコ・マドリードFWジョアン・フェリックスが受賞。スタープレイヤーへの登竜門といったところだろうか。

今回注目したいのは、候補者100名に2人の日本人選手が入っていたことだ。

まずはマジョルカから日本代表MF久保建英。久保が候補者に入ると予想していた人も多いだろうが、リーガ・エスパニョーラでの活躍から100名入りすることになった。

そしてもう1人。オランダのAZよりDF菅原由勢だ。主に右サイドバックをこなしてきた菅原は、エールディヴィジでも持ち前の明るさと闘争心を武器に活躍。DFながら得点部分でもチームに貢献するなど、優勝争いに絡んだAZで重要な役割を果たしてきた。

同じAZでは注目のFWマイロン・ボアドゥもノミネートされているが、菅原の選出も決してサプライズではない。

他には有力候補と言えるFWアーリング・ハーランドとジェイドン・サンチョのドルトムント組、レンヌMFエドゥアルド・カマビンガ、レアル・マドリードのFWロドリゴ・ゴエス&ヴィニシウス・ジュニオール、バルセロナFWアンス・ファティ。

マンチェスター・ユナイテッドFWメイソン・グリーンウッド、バイエルンの快速SBアルフォンソ・デイビス、ユヴェントス入りが内定しているFWデヤン・クルゼフスキ、アーセナルのFWガブリエウ・マルティネッリとサイドバックまでこなしたブカヨ・サカ、シャルケDFオザン・カバクらが100名の候補に入っている。

毎年豪華ではあるものの、今年は特に優秀な若手が揃っているように思える。ハーランドやサンチョのように、すでにワールドクラスと言っていいタレントも多い。久保を含め、この世代には楽しみな逸材が揃っている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ