レアルでNo.2などあり得ない 実現しなかった超強力トリオ“BLC”

バイエルンのレヴァンドフスキ photo/Getty Images

レヴァンドフスキが加わればどうなったか

ロベルト・レヴァンドフスキ、クリスティアーノ・ロナウド、ガレス・ベイルの前線トリオが実現していれば、どれだけのゴールを量産できただろうか。

レヴァンドフスキは2014年にドルトムントからバイエルンに移籍しているが、元代理人のチェザリー・クチャルスキ氏は当時のレヴァンドフスキがレアル・マドリード行きに強い関心を持っていたと明かしている。

英『Daily Mail』によると、理由はクリスティアーノ・ロナウドがいたからだ。仮にレヴァンドフスキが加入していれば、BBCならぬBLCトリオが完成していたかもしれない。

しかし、クチャルスキ氏はレヴァンドフスキを説得した。レアルにはライバルとなるであろうカリム・ベンゼマがいたからだ。

「交渉の段階で、彼はバイエルンと契約を結びたがらなかった。代わりにレアルへ行きたがっていた。ロナウドがいたからね。私は、クラブでNo.1のストライカーにならなければいけないと彼を説得したんだ。どこかでベンゼマを超えただろうが、彼をクラブのNo.2として移籍させるわけにはいかなかった。この点を力説した。それがレアルだろうと、アーセナルだろうと、マンチェスター・シティだろうとね」

ベンゼマかレヴァンドフスキか。今ならレヴァンドフスキの方を優先する指揮官が多いだろうが、当時はまだベンゼマも全盛期と呼べる段階にあった。レヴァンドフスキほどのストライカーでも2番手からスタートすることになったかもしれない。

その後レヴァンドフスキはバイエルンで絶対的エースとなったが、レアルでロナウドやベイルらとプレイしていればどうなったかも気になるところ。得点力ならばベンゼマを上回っており、BBCを超える強力トリオとなっていたかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ