ユーヴェの“小さな宝石”がキレキレ コロナ乗り越え戻ってきた天才レフティー[映像アリ]

ユヴェントスのディバラ photo/ユヴェントスのInstagramより

トレーニングで見事な動き披露

イタリアでは新型コロナウイルスが猛威を振るい、サッカー選手たちの中にも陽性と診断される者が数名出ることとなった。

中でも長い陽性反応に苦しめられたのがユヴェントスFWパウロ・ディバラだ。

ディバラの感染が判明したのは2ヶ月前の3月21日のことで、ユヴェントスではブレーズ・マテュイディやDFダニエレ・ルガーニも陽性と診断された。

ディバラにとって大きな問題となったのは、陽性反応が長く続いたことだ。検査で複数回陽性の反応が出ることになり、陰性と診断されるまでにかなりの時間を要することになった。

ディバラのサッカー選手としてのキャリアを不安視する声もあったが、5月には無事陰性と診断。今ではトレーニングに復帰している。

ユヴェントス公式ではトレーニングでのディバラのプレイを紹介しているが、短時間の動画ながら相変わらず才能は抜群。キレキレのドリブルで味方を翻弄し、見事なシュートへ繋げている。

SNS上でもサポーターからカムバックを喜ぶ声が数多く挙がっており、10番の復帰をみんなが待っていた。

「未来のメッシ」

「小さな宝石が戻ってきた」

「かなりフィットしているように見える」

「ユーヴェ最高の選手」

セリエAが再開された際には、またディバラやクリスティアーノ・ロナウドら魅惑の前線が機能するところが見たいところだ。



●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ