“イタリアのメッシ”を救うはマンU? スールシャールが獲得に興味

イタリアの世代別代表にも選ばれるペッレグリ photo/Getty Images

モナコでは出場わずか6回

2018年にジェノアからモナコへ移籍したFWピエトロ・ペッレグリ19歳。ジェノアのプレツィオージ会長が「新たなメッシ」と称えたとおり、巨大な才能を持った若者だ。

弱冠16歳で2500万ユーロもの値がつき、リーグ・アンのモナコに引き抜かれたのだが、彼のキャリアはここで突然止まってしまう。鼠蹊部の負傷などが長引き、2年間での出場はわずか6回。未だに1ゴールを残したのみだ。

しかし伊『Sky Sport』によると、なんとマンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がペッレグリに興味を持ち、チームに加えたがっているという。現在の攻撃オプションとなっているオディオン・イガロが中国へ帰ったときのために、ペッレグリを代役に据えるというのだ。

これは大きな賭けだが、ペッレグリの将来性を見込んでのことかもしれない。彼はモナコでの2年間をほぼ棒に振っているが、得難い才能の持ち主であることは間違いなく、コンディションが整えば大きな戦力に化ける可能性がある。

怪我がちであることで、市場価格もかなり下がっているとみられており、『Transfermarkt』によれば現在は630万ユーロほどだ。果たして、スールシャールの“ペッレグリ再生計画”は実を結ぶのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ