“チェルシーの中心”となるべき18歳 超絶テクニシャンが主役となる日は近い

チェルシーで頭角を現すギルモア photo/Getty Images

小柄な若手MFが中盤に魔法をかける

チェルシーで新たに輝き始めた才能は、そう遠くないうちにチームの絶対的存在となるのか。今季同クラブではFWタミー・エイブラハムやMFメイソン・マウントといった若手が数多く躍動しているが、ここ最近で最もファンの注目を集めているのはシーズン後半戦から頭角を現した18歳のテクニシャンだ。MFビリー・ギルモアである。

先月行われたFAカップ5回戦のリヴァプール戦で2-0の勝利に貢献し、一躍脚光を浴びることとなったギルモア。かねてよりポテンシャルの高さは評価されていたが、そのプレイがトップレベルでも通用すると証明されたのがこの試合だったと言っていいだろう。この18歳は相手のマークを鮮やかに剥がすドリブルや、味方のミスをリカバリーするカバーリングで存在感を発揮。攻守にわたって強烈なインパクトを残し、ファンの心を鷲掴みにした。続くリーグ戦のエヴァートン戦でも好パフォーマンスを披露し、評価は急速に高まっている。

そんなギルモアにメロメロとなっているのはファンだけではないようだ。クラブOBのフランク・シンクレア氏はギルモアがいずれレジェンド級の選手になると信じている様子。英『GENTING BET』に対して、同氏はギルモアがいずれチェルシーの中心選手になれる逸材だと次のように語った。

「ギルモアはチェルシーで成功するために必要なものを備えている選手だ。このクラブにおいて、信じられないほどの未来が待っていると思うよ。チェルシーで安定した出場機会を掴むことができるならば、彼は将来クラブの偉大な人物として扱われるようになるはずだ。私はギルモアがトップチームに昇格する前から、彼がどれほど良い選手なのかを知っていた。アカデミーのコーチに話を聞いていたからね。ただ、それでもプレミアでこれほど快適にプレイしているのには驚いたよ」

「このレベルでプレイするのはとても大変だと思うが、ギルモアはそこにいるのがさも当然かのようにプレイしている。これは良い選手であることの証さ。試合に必要な全てを持っているように感じるよ。なかでも認識能力やパス、ビルドアップ能力は信じられないほどだ。人々は彼のサイズが気になるかも知れないけれど、ジョディ・モリス(ユース時代にギルモアを指導。現アシスタントコーチ)は『ギルモアは本当に粘り強い選手だから、それに関しては問題ない』と言っていた。これらの点を踏まえて、私はギルモアに今後素晴らしい未来が待っていると思うんだよね」

身長168cmと小柄ながらも、それを別の能力で補うことのできるギルモアにシンクレア氏はワクワクを抑えきれない様子だ。現地では“NEXTシャビ”との評価も出始めているギルモア。クラブこそ違うが、似たスタイルでチームに貢献することが期待される。

チェルシーで赤丸急上昇中の小さなテクニシャン。中盤に魔法をかける18歳の成長が楽しみだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、ついにプレミア制覇に手をかけたリヴァプール! レッズを徹底解剖します。人気お笑い芸人・ぺこぱシュウペイの新連載もスタート!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ