もうスアレスまで1点差 サラーは残り2年でリヴァプールのキングになれる

リヴァプールのサラー photo/Getty Images

2022-23シーズンまで残れば可能性見えてくるか

2017-18シーズンは32得点、2018-19シーズンは22得点、そして今季はここまで14得点と、リヴァプールFWモハメド・サラーは順調にプレミアリーグで得点数を増やしてきた。

一昨季と昨季はプレミアリーグ得点王にも輝いており、今季も得点ランク首位のレスター・シティFWジェイミー・バーディとは3点差だ。十分に逆転は可能で、3シーズン続けてのプレミア得点王も狙える目標だ。もはやサラーはリヴァプールの歴史に名を残す点取り屋と言っていいだろう。

クラブの歴代記録も視界に入ってきている。英『Planet Football』が注目しているが、ここまでサラーはリヴァプールの選手としてプレミアリーグ通算68得点を挙げている。これはクラブ歴代5位の数字で、4位のFWルイス・スアレスまであと1点差のところまで詰めている。

4位スアレス、3位マイケル・オーウェン(118点)、2位スティーブン・ジェラード(120点)、そして1位ロビー・ファウラー(128点)と続いており、今のサラーのペースならば不可能な数字ではない。

サラーはここまでプレミアリーグ96試合で68点を記録。1試合平均0.7点のペースとなっており、同メディアはこのペースを残り2年ほど維持すればファウラーの数字に届くと見ている。サラーがいつまでリヴァプールに留まるかは分からないが、2022-23シーズンまで残るのであれば達成が見えてくるというわけだ。

少なくとも今季のうちにスアレスの数字は超えてくるはずだが、どこまで伸ばせるのか。リヴァプールサポーターとしては出来る限り長くサラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノの3トップ継続を願っていることだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ