ついに始まったマルディーニ家とミランの“第3ストーリー” 待望のセリエAデビュー

セリエAデビューを果たしたダニエル・マルディーニ photo/Getty Images

息子のデビューをスタンドで見守った父

ACミランは2日、セリエA第22節でヴェローナと対戦し、1-1のドローで試合を終えた。ただ、クラブの将来を担うかもしれない若い逸材が、この一戦で新たな一歩を踏み出した。

それは、祖父にチェーザレ・マルディーニ、父にパオロ・マルディーニを持つ現在18歳のダニエル・マルディーニだ。祖母、父ともに現役時代にミランでプレイし、キャプテンも務めた。そして、引退後に祖父はミランで監督を務めた経験があり、父は現在クラブのディレクターを任される、まさにミランのサラブレッドである。そんな若き逸材が、ヴェローナ戦で待望のセリエAデビューを果たした。

DFを務めた祖父や父とは違い、FWとしてプレイするダニエル・マルディーニは、後半アディショナルタイムにサム・カスティジェホと代わってピッチに立った。プレイ時間はわずかだったが、試合後インタビューに応じた同選手は「夢は叶ったけど、結果については残念なものになってしまった。デビューが僕の目標だったが、今はもっと強くなることを目指して続けていきたい。とても感情的な瞬間だったけど、父の存在が非常に心強かった」と語った。伊『sky sport』や伊『SempreMilan』など、複数のメディアが伝えている。

さらに、この試合では父パオロ・マルディーニがスタンドから息子のデビューを見守っていた。父は息子のデビューについて「それ(息子のデビュー)は計画されていたものではないよ。実際に、彼はチームに参加する予定すらなかったからね。最後の最後でチームに追加されたんだ。ゲームに集中していたし、気持ちが入りすぎることはなかったんじゃないかな。息子のデビューを見れて、私の家族にとっても、愛情を示して歓迎してくれたファンにとっても素晴らしい瞬間だと思う」と話している。

マルディーニ家とミランの第3のストーリーが始まった。ダニエル・マルディーニが今後、どのような選手に成長するか見ものだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ