2020年こそバルサの“至宝”が見たい 20歳の天才MF育成プランはあるのか

バルセロナBで奮闘するプイグ photo/Getty Images

激戦区の中盤で何とか育てたい

バルセロナにとって2020年最大の目標は、チャンピオンズリーグ制覇だ。ここ2シーズンは大逆転負けで姿を消しており、同じミスが3度続くのは許されない。今季こそはと選手たちも燃えていることだろう。

しかし、結果と同時に追い求めたいものもある。スペイン『MARCA』が気にかけているのは、バルセロナのカンテラ(下部組織)出身者の中でもトップクラスの才能と考えられているMFリキ・プイグの育成だ。これも立派な2020年の目標の1つと言えよう。

指揮官エルネスト・バルベルデも若手にチャンスを与える考えはあるようで、今季もベスト16入りが決定していたチャンピオンズリーグ・グループステージ最終節のインテル戦ではMFカルレス・アレニャ、FWアンス・ファティ、DFジーン・クレア・トディボ、FWカルレス・ペレスなど若い選手を起用していた。

ただ、プイグは召集されなかった。バルセロナBのカテゴリーでは高い評価を得ているだけに、サポーターもプイグに出番を与えてほしいと考えているはず。2020年こそは、アンドレス・イニエスタと比較されることもある20歳の才能をトップチームで試したい。

今冬にはアレニャがレアル・ベティスにレンタル移籍することが決まり、MFアルトゥーロ・ビダルとも少々ギクシャクしている。仮にビダルがチームを離れる場合はプイグにチャンスを与えるのも悪くないはずだが、2020年こそプイグの才能を見ることはできるのか。才能は間違いないだけに、このまま埋もれる展開だけは避けたい。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.255 アトレティコの現在地

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ