ガラスの天才がプレミアへ戻ってくる? 驚異だったレフティーFWは今どこに

リヴァプールで活躍したスタリッジ photo/Getty Images

リヴァプールを離れて約半年

今やリヴァプールではモハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノの3トップが当たり前となったが、以前はガラスの天才と呼ばれたストライカーが躍動していた。

昨季限りでチームを離れたFWダニエル・スタリッジである。抜群の才能を持ちながら怪我に苦しんできたスタリッジは、2019年夏にトルコのトラブゾンスポルに移籍している。

今季も怪我で数試合離脱しているのだが、それでも得点力は相変わらずだ。リーグ戦では443分間の出場に留まりながら4得点4アシストの成績を残しており、12月28日のカイセリスポル戦でも2得点を記録したばかり。

英『The Sun』によると、そんなスタリッジにプレミアリーグのクラブが目をつけているという。現在17位と残留へ奮闘するアストン・ヴィラだ。

スタリッジの場合はコンディションの不安が拭えないこともあり、獲得をためらうクラブが多かった。しかしアストン・ヴィラを指揮するディーン・スミスは攻撃力強化を求めており、今節のバーンリー戦でFWウェズレイ・モラエスが負傷したこともあって補強を急ぐと考えられている。

その選択肢の1つにスタリッジの名前が挙がっているようで、先日のカイセリスポル戦でのパフォーマンスからスタリッジのコンディションが戻ってきているのではとの感触を得たという。

大型ストライカーのウェズレイとはタイプが異なるが、スタリッジはオールラウンドな働きができる。イングランドを離れてから約半年。アストン・ヴィラは昨夏もスタリッジのことを気にかけていたそうだが、天才と言われ続けてきた30歳のストライカーは戻ってくるか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ