ショックで引退まで考えた!? ユーヴェの“走り屋MF”が明かす失望のバルサ戦

PSGの一員としてバルサと戦うマテュイディ photo/Getty Images

CLの歴史に残る大逆転負け

近年の大型補強でフランス国内を支配する存在となったパリ・サンジェルマンは、チャンピオンズリーグの舞台でも注目を集めるチームとなった。しかし、欧州No.1への道のりは甘くない。これまで何度も屈辱を味わってきたのだ。

その中でも最大の屈辱と言えるのが、2016-17シーズンの決勝トーナメント1回戦のバルセロナ戦だ。ホームでの1stレグを4-0の大勝で飾ったのは見事だったが、カンプ・ノウでの2ndレグでは6失点と大炎上。結局2試合合計5-6で敗退となり、バルセロナに底力を見せつけられてしまった。

この敗北に大きなショックを受けたと振り返ったのは、当時パリでプレイしていた現ユヴェントスMFブレーズ・マテュイディだ。仏『RMC Sport』によると、マテュイディは引退も考えたと語る。

「2017年に本格的に引退しようかと考えた。1-6で敗れ、本当に悲しかったんだ。自分自身にプレイすることをやめ、引退すべきでないかと問いかけたんだ。ただ、今はユーヴェで良い感じだし、PSGでも良い思い出しかないよ。ユーヴェ移籍はステップアップだったし、キャリアを前に進めるうえで合理的な選択だった。PSGも素晴らしいクラブだけど、ユーヴェは特に僕に合っていると感じるよ」

マテュイディはユヴェントスでも不動の存在となっていたが、ピッチを走り回っている。パリでは果たせなかったチャンピオンズリーグ制覇をユヴェントスで成し遂げることが1つの夢となっているのだろう。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は「V字回復の処方箋」。低迷のビッグクラブに活路はあるか!?

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ