ファビーニョの強烈ミドルはセーブできたぞ シティGKにまさかの批判が[映像アリ]

マンCのブラーボ photo/Getty Images

ノーチャンスにも思えるシュートだったが……

10日に行われたリヴァプールVSマンチェスター・シティの頂上決戦を動かしたのは、リヴァプールMFファビーニョの強烈なミドルシュートだった。

直前にリヴァプール側が自陣ペナルティエリア内でハンドを犯したのではないかとの疑惑はあったが、一瞬動きを止めたマンC相手にリヴァプールは速攻からチャンスメイクし、最後はファビーニョが目の覚めるようなミドルシュートを叩き込んで見せた。

コース、スピードともに抜群の一撃だったが、解説を務める元イングランド代表DFガリー・ネビル氏はあのミドルをGKがストップできたはずと考えている。

マンCのゴールを守っていたのはクラウディオ・ブラーボで、ブラーボも弾き出そうと必死に手を伸ばしていた。あのシュートを止めるのは難しいようにも思えるが、ネビル氏の目は相変わらず厳しい。

英『sky SPORTS』によると、ネビル氏は「私はGKに厳しいが、あれが入るべきとは思わないね。素晴らしいシュートだったが、トップレベルのGKなら止めるよ」とコメント。GKにはノーチャンスのようにも思えたが、正守護神エデルソン・モラレスなら弾き出すことができたのだろうか。

また、「いかに優れたフットボールをしたかは問題ではない。守ることができないなら、フットボールのゲームでは勝てないんだ。今のシティの守備陣は守ることができない」と守備全体もバッサリと切り捨てている。

このゲームではフェルナンジーニョとジョン・ストーンズをセンターバックに据えていたが、この2人でリヴァプールの攻撃を受け止めるのは難しい。ベンチにはニコラス・オタメンディも控えていたため、3バックにトライしても良かったと同氏は考えていたようだ。

ハンド問題など微妙な判定がいくつかあったのは事実だが、結果的に3失点も喫してしまった守備陣に合格点を与えることはできないだろう。負傷者が出ているため仕方ない部分もあるが、もっと守備に重きを置くべきだったか。





●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

波乱巻き起こる英プレミアリーグを大特集! ビッグクラブを襲う試練、襲いかかる伏兵たち、そして最強リヴァプールに弱点は!? 

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ