ルカクら即戦力だけじゃない インテルが注目する“2人”の若き実力者

パルマで活躍するクルゼフスキ(左) photo/Getty Images

ヤングスターのチェックも忘れない

今夏にロメル・ルカクやディエゴ・ゴディン、ステファノ・センシら即戦力を数枚揃えたインテルは、今季リーグ戦で6勝1敗と見事なスタートを切った。今夏の補強がヒットしたわけだが、何も完成された選手だけを見ているわけではない。将来のことを見据え、若手のチェックも忘れてはいない。

伊『Calciomercato』によると、現在インテルが目をつけている若手は2人いる。1人は、アンドレア・ピルロとも比較されるブレシアの大人気MFサンドロ・トナーリだ。先日のリヒテンシュタイン代表戦でイタリアA代表デビューも果たしており、ビッグクラブが争奪戦を繰り広げるであろう期待の19歳だ。

同メディアも優れたMFになるために必要な素質を証明していると能力を称えており、トナーリの獲得はセリエAのあらゆる強豪クラブが望んでいるものだ。

もう1人は、アタランタからパルマにレンタル移籍している19歳のFWデヤン・クルゼフスキだ。主に右のウイングでプレイするアタッカーで、パルマでは主力として今季7試合に出場。1得点3アシストと確かな結果を残している。

インテルは以前からクルゼフスキのことを追いかけていたようで、期待通りの成長を遂げていると言えるのではないか。スウェーデンの世代別代表にも選ばれており、クラブでも代表でもブレイクの時を今か今かと待っている。

今夏の即戦力補強は満点に近いものだったが、インテルは若手の補強でも成果を上げることができるのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ