NEXTシャビ、メッシは出てくるか バルサの楽しみな若手“7選手”

バルセロナのジーン・クレア・トディボ photo/Getty Images

次代を担う若手たち

今季のバルセロナでは16歳のFWアンス・ファティが予想外の大ブレイクを果たすことになり、最近ではスペイン代表招集案まで浮上している。バルセロナのカンテラ(下部組織)出身者であるファティの状況はここ数ヶ月で大きく変わった。

しかし、バルセロナが抱えている若き才能はファティだけではない。カンテラ出身者を含め、今のバルセロナには恐ろしいポテンシャルを持つ若手が何人もいる。スペイン『Mundo Deportivo』が楽しみな若手を数名リストアップしており、彼らが今後のバルセロナを支える存在となるかもしれない。

1.ペドリ(MF/16歳)



ファティと同じ2002年生まれのペドリは、来夏よりバルセロナのBチームへ加入する予定となっている。現在はセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のラス・パルマスでプレイを続けており、今季はトップチームで9試合3得点1アシストと結果を残している。本格的なブレイクはもう少し先のことになるだろうが、すでに2部で通用する技術を備えているのは間違いない。

2.イライクス・モリバ(MF/16歳)



注目の16歳はまだいる。モリバは2003年1月生まれのセントラルMFで、ポール・ポグバやヤヤ・トゥレと比較する声もある。クラブもかなりの期待をかけているようで、16歳ながら契約解除金は1億ユーロに設定されているという。

3.ジーン・クレア・トディボ(DF/20歳)



今年1月にフランスのトゥールーズから加わったセンターバックのトディボは、すでにトップチームでも出場機会が与えられている。フランス人DFであることからレアル・マドリードのラファエル・ヴァランと比較する声まであり、190cmのサイズを誇るトディボがジェラール・ピケの後継者的存在へ育ってくれれば言うことなしか。

4.リキ・プイグ(MF/20歳)



プイグはすでに有名な存在だ。すでにトップチームでのプレイ経験もあり、シャビ・エルナンデスやアンドレス・イニエスタとも比較されてきた天才肌の選手である。今季もBチームでは6試合で2得点1アシストと結果を残しており、トップチームでの起用を望むサポーターは多いはずだ。

5.ロナウド・アラウホ(DF/20歳)



ウルグアイの世代別代表でもプレイするセンターバックのアラウホは、今月6日のセビージャ戦で73分から途中出場。これがトップチームでのデビュー戦だったのだが、何と14分後に退場処分を受けてしまった。やや苦いデビュー戦となったが、クラブがアラウホの才能を評価していることに変わりはない。

6.カルレス・ペレス(FW/21歳)



今季は前線で怪我人が続出していることもあり、ウイングのペレスにも多くの出場機会が巡ってきている。ここまでリーグ戦6試合に出場して1得点3アシストを記録しており、すでにトップチームで通用する技術の持ち主であることは証明済みだ。バルセロナのロッベンとの呼び声もあるようで、その突破力は大きな武器となる。

7.アレックス・コリャード(20歳/FW)



突破力といえば、先日バルセロナBのゲームで驚異的なドリブルゴールを披露したコリャードも忘れてはならない。右サイドからメッシを思わせる股抜きで相手を突破し、最後はヒールショットでネットを揺らすお洒落なプレイを披露。このゴールは世界的に話題となり、カルレス・ペレスと同じレフティーの金の卵と言ったところか。


ここにファティを加えた8名には、今後トップチームで居場所を確保するだけのクオリティがある。バルセロナBといえば、20歳の日本人MF安部裕葵もいる。ライバルは多いが、安部も何とかここへ食い込みたい。バルセロナのトップチームで生き残るのは簡単ではないが、この中から何人が大ブレイクを果たすだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ