リヴァプールは南野拓実を警戒せよ! 欧州王者が注目するザルツブルクの4人衆

ザルツブルクの南野 photo/Getty Images

南野ら若手攻撃陣が脅威

2日、チャンピオンズリーグ・グループステージ第2節で驚異の若手軍団がリヴァプールに乗り込んでくる。オーストリアのサッカー界を支配するザルツブルクだ。

戦力的に考えれば、昨季王者リヴァプールの方が上だ。しかも今回は本拠地アンフィールドで戦えるため、リヴァプールの方が有利な立場にあるのは間違いない。しかし、グループステージ第1節でベルギーのヘンクを6-2のスコアで粉砕したザルツブルクは今大会のダークホース候補だ。ザルツブルクの若き選手たちは何の恐れも抱くことなくアンフィールドへやってくることだろう。リヴァプール相手にもサプライズを起こすだけの力はある。

リヴァプール公式もザルツブルクのことを警戒しており、「ザルツブルクは何人か欧州最高級のヤングタレントを抱えている」と試合前に警戒すべき選手を4名ピックアップしている。その中には日本代表FW南野拓実の名前も入っているのだ。

南野はヘンク戦で2アシストを記録しており、日本代表でも好調を維持している。恐らくはリヴァプール相手にも持ち前のガッツを前面に押し出したパフォーマンスを披露してくれるはずで、運動量も豊富な南野を敵に回すのはなかなか厄介だ。リヴァプールも警戒していることだろう。

その他の3人では欧州複数クラブから注目を集めるハンガリー代表の18歳MFドミニク・ショボスライ、今季オーストリア国内リーグで4得点6アシストの成績を残し、ヘンク戦でも1得点2アシストを記録した韓国代表FWファン・ヒチャン、そして忘れてはならないノルウェーの大型19歳FWアーリング・ブラウト・ハーランド,が選ばれている。

中でもハーランドは今季全てのコンペティションを合わせて10試合17得点5アシストと大暴れしており、ヘンク戦ではハットトリックを記録。固め打ちを得意とする傾向があり、1度調子に乗せてしまうと手がつけられなくなる。リヴァプールDFフィルジル・ファン・ダイクの実力ならば抑え込むことも可能なはずだが、警戒すべき選手の1人だ。

リヴァプールは今や欧州屈指の守備力を誇るチームとなったが、ザルツブルクの攻撃はどこまで通用するのだろうか。アンフィールドでもゴールを奪えたならば、今季のザルツブルクの攻撃力は本物と考えていいかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ