ルカク、センシだけじゃない インテルに欠かせぬ過小評価されている“英雄”とは

インテルのブロゾビッチ photo/Getty Images

中盤を支配する存在

今夏に獲得されたFWロメル・ルカク、ベテランDFディエゴ・ゴディン、中盤に創造性をもたらすMFステファノ・センシなど、彼らはアントニオ・コンテ率いるインテルの中でもキーマンと呼べる存在だ。しかし、伊『Calciomercato』は、「過小評価されているインテルの英雄」がいると主張する。

その英雄とは、アンカーに入るマルセロ・ブロゾビッチだ。ブロゾビッチはここまでリーグ戦全試合にフル出場しており、アンカーの選手ながら2得点を記録。攻守のバランスを巧みに取っており、ブロゾビッチが中盤を支配していると言っていい。

3-1で勝利した9月28日のサンプドリア戦では1対1も7回制し、インターセプトも3回記録。同メディアはDFステファン・デ・フライ、ミラン・シュクリニアルとともにブロゾビッチがコンテの中で絶対外せない選手になっていると紹介しており、ブロゾビッチは中盤をコントロールするうえで欠かせない存在なのだ。

インテルとブロゾビッチの契約は2022年までとなっているが、同メディアは新契約締結へ向けて早々に動き出しても不思議はないとも伝えており、ブロゾビッチへの評価は高い。得点を奪うルカク、セリエA屈指の最終ラインと言われるゴディン、デ・フライ、シュクリニアルらも重要な存在だが、ブロゾビッチもチームを支える英雄の1人だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ