[移籍]東京五輪世代がまたひとり海外挑戦 “スピードスター”がポルトガルへ

コパ・アメリカで南米の強豪国たちと対戦した前田 photo/Getty Images

東京五輪で活躍するために

松本山雅FCは21日、同クラブに所属するFW前田大然がプリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)のマリティモへ期限付き移籍することが決まったと発表した。なお、2020年6月30日までとのことだ。

現在21歳の前田は山梨学院大学附属高校を卒業後、2016年に松本へ加入した。2017シーズンは水戸ホーリーホックへ期限付き移籍し武者修行。2018シーズンに松本へ復帰を果たすると、持ち味のスピードを武器にJ2で27試合7ゴールを記録しており、J1昇格に貢献した。今季もここまで18試合(2ゴール)に出場し、チームの主力として貢献している。また、1年後に控えた東京オリンピックでの飛躍を狙う世代別日本代表でも主力としてプレイする前田。同世代が中心となって挑んだコパ・アメリカへも参加していた。

そんな前田はクラブの公式サイトを通じて「このたび、マリティモに期限付き移籍することになりました。2020年の東京オリンピックで日の丸をつけて活躍するには、自分自身もっと成長しなくてはならないと思い海外にチャレンジする決断をしました。J1でのチャレンジの途中でチームを離れるにあたり、チームメイト、監督、コーチ、スタッフをはじめクラブの皆さんに理解していただき、今回の移籍をサポートしてくれたことには感謝しかありません。またサポーターの皆さんには昨日の試合のときに直接ご挨拶ができずに旅立つことになり申し訳ありません。松本山雅はファン・サポーターあってのクラブで、その一員として戦えたこと誇りに思います。ありがとうございました。次に日本に来るときは日の丸を着けて、ピッチで躍動してる姿を見せられるよう、しっかりポルトガルで結果を出してきます。本当にありがとうございました」と語っている

はたして、東京五輪世代屈指のスピードスターの「速さ」はポルトガルでも通用するのか。前田の今後の活躍に期待したい。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)、最新号を無料で公開中!

日本初の電子サッカーマガジンtheWORLD(ザ・ワールド)。最新号は、本誌初のJリーグ特集! 名古屋グランパスの風間監督、大分トリニータの片野坂監督の独占ロングインタビューも奪取しました!!

こちらから無料でお読みいただけます
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=358/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ