中島翔哉を獲得しておくべきだった! 英メディア「才能は久保だけじゃない」

日本代表の中島翔哉 photo/Getty Images

プレミア行きのチャンスがあったが……

招待国として参戦した今回のコパ・アメリカ2019では、レアル・マドリード行きを決めたMF久保建英のプレイに大きな注目が集まった。久保はドリブル、ラストパスと高いクオリティを見せ、レアルが獲得に動いた理由を納得させるだけのパフォーマンスだったと言える。

しかし、「日本のフットボールにおいてレアルの新入りとなった久保だけがトップクラスのタレントではない」と伝えたのは英『HITC』だ。同メディアが絶賛したのは、現在カタールのアル・ドゥハイルに所属するFW中島翔哉だ。

中島もコパ・アメリカで自慢のドリブルを披露し、グループステージ最終戦のエクアドル戦では貴重なゴールも奪ってみせた。そのトリッキーなプレイを同メディアも称賛しており、プレミアリーグのクラブが中島獲得を実現できなかったのは大きな失態だと取り上げている。

中島は最終的にカタール行きを選ぶ格好となったが、一時はプレミアリーグのウォルバーハンプトンやサウサンプトン行きが報じられていた。これを何としてでも成立させるべきだったと同メディアは主張しているのだ。

「2ヶ月ほどの期間があったが、サウサンプトンとウルブズは中島をイングランドに連れてくるゴールデンチャンスを棒に振ってしまった」と伝えており、中島の能力がプレミアリーグでも通用するものだと確信しているのだろう。

また、コパ・アメリカで中島のプレイを見た世界のサッカーファンからも欧州へ向かった方がいいのではないかとの意見が挙がっている。

「中島は手遅れになる前に欧州へ行く必要がある」

「ショウヤは優れたプレイメイカーで、大きな未来がある」

中島は2022カタールワールドカップを目指す日本代表のエース候補だ。これからの3年間でさらなる成長が求められており、よりハイレベルな環境に身を置く方がいいだろう。久保と同じく、世界は欧州トップクラブで中島が躍動する時を待っている。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ