[コパ・アメリカDAY 9]爆発した王国と、戦略勝ちのベネズエラ A組最終戦は大きく動いた[映像アリ]

快勝を収めたブラジル photo/Getty Images

ブラジルが首位通過

コパ・アメリカ9日目を迎えた23日、グループA最終節の2試合が行われた。

ここまでやや鈍い戦いが続いていた開催国ブラジルだが、最終節のペルー戦では攻撃陣が爆発。積極的に前へ出てきたペルーを相手に、12分にカゼミロ、19分にフィルミーノが得点を決めて早々に2点をリード。

その後もエベルトン、ダニエウ・アウベス、途中出場のウィリアンが圧巻のゴールを炸裂させ、終わってみれば5-0の大勝。サポーターも文句のつけようがない圧巻のパフォーマンスだった。開催国として無事に首位通過を決め、優勝へまっしぐらだ。

一方のベネズエラVSボリビアの一戦は、ベネズエラが前半2分にいきなりマチスのヘディングゴールで先制に成功する。ここまでベネズエラはペルー、ブラジルの両方とスコアレスで引き分けており、攻撃陣は守備的な戦いに我慢を強いられていた。それが最終戦のボリビア戦で爆発した格好だ。

後半にもマチス、さらにはMLSを代表する点取り屋であるホセフ・マルティネスが左サイドからのクロスに頭で合わせて得点を追加。3-1でボリビアを撃破し、1勝2分でグループ2位に滑り込んだ。難敵のペルー、ブラジル相手に守って勝ち点1を稼ぎ、グループ最弱と言えるボリビアから確実に勝ち点3を稼ぐ。ブラジル相手に勝利をもぎ取りにいったペルーに対し、ベネズエラの戦略は現実的だった。それが見事に当たり、グループステージ通過を決めている。

[ブラジル×ペルー ハイライト動画]



[ベネズエラ×ボリビア ハイライト動画]



【グループA 順位表】

1位:ブラジル  2勝0敗1分け(勝ち点:7 得点:8 失点:0 得失点差:+8)
         
2位:ベネズエラ  1勝0敗2分け(勝ち点:5 得点:3 失点:1 得失点差:+2)

3位:ペルー   1勝1敗1分け(勝ち点:4 得点:3 失点:6 得失点差:-3)

4位:ボリビア 0勝3敗0分け(勝ち点:0 得点:2 失点:9 得失点差:-7) 


●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/ 

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ