コパから世界へ飛び立つ! 久保建英ら今大会の”NEXTブレイク候補生7名”

注目される久保 photo/Getty Images

今大会からブレイク期待できる選手たち

コパ・アメリカ2019もグループステージを第2節まで消化した。それに合わせて英『FourFourTwo』が、今大会からの飛躍が期待できるNEXTブレイク候補生を数名リストアップしている。NEXTブレイク候補とは、つまり今回のコパ・アメリカを機に世界的有名プレイヤーになる可能性がある選手たちのことだ。すでに知られたスーパースターではなく、それほど有名ではない選手たちにスポットを当てている。

期待に応えられていない者もいるが、ポテンシャルは評価されている。名前を聞いたことがない選手もいるだろうが、今後注目すべき選手たちを紹介する。

1.ルイス・ハキム(ボリビア/DF/21歳)



メキシコのプエプラでプレイするハキムは、ボリビアの最終ラインを支えるセンターバックだ。チームはここまでブラジル、ペルーにそれぞれ3失点ずつ与えて敗れているため、お世辞にも守備が機能しているとは言い難い。しかし、同メディアはハキムのポテンシャルについては認めている。21歳ながらメキシコでプレイしていることも注目の理由だ。

2.久保建英(日本/MF/18歳)



バルセロナのカンテラで天才だったと同メディアから評されている久保は、初戦のチリ戦から好パフォーマンスを披露していた。東京五輪世代を引っ張る実力者となっており、そのテクニックは抜群だ。レアル・マドリードのトップチームで早く見たいと考えている世界のサッカーファンも多いはずだ。

3.レンソ・サラビア(アルゼンチン/DF/26歳)



2試合を消化して勝利がないアルゼンチンにポジティブな要素を見つけ出すのは難しい。サラビアも初戦のコロンビア代表戦には先発したものの、チームは0-2で敗北。第2戦はサラビアもスタメンから外れている。ただ、サラビアはこの夏にポルトガルの名門FCポルトに移籍することが決まっている実力派右サイドバックだ。同メディアは攻守両面で信頼できると評価しており、今後のブレイクが待たれる。

4.アクラム・アフィフ(カタール/FW/22歳)



カタールといえば日本代表がアジアカップ決勝で敗れた相手で、その時も自由にポジションを動かすアフィフは厄介な存在になっていた。今回のコパ・アメリカでもそれは継続されており、アフィフは比較的自由に動いている。同メディアもファイナルサードにおいてアフィフのスピードと技術が崩しのカギと見ており、アルモエズ・アリとともに期待は大きい。

5.エベルトン(ブラジル/FW/23歳)



ネイマールを欠くブラジルにおいて、2試合続けて途中出場から興味深いパフォーマンスを披露しているのがグレミオ所属のエベルトンだ。積極的なドリブル突破が1つの魅力で、同メディアも遅かれ早かれグレミオを去ることになると伝えている。今大会のパフォーマンスにスカウト陣も驚いているに違いない。

6.ウィルケル・ファリニェス(ベネズエラ/GK/21歳)



ペルー、ブラジル相手に無失点で終えたベネズエラを最後方から支えるのが若き守護神ファリニェスだ。GKにしては小柄だが、とにかく反射神経が良い。今大会のパフォーマンスで評価を高めたと同メディアは捉えており、ビッグクラブ行きも夢ではない。

7.サンティアゴ・アルザメンディア(パラグアイ/DF/21歳)



パラグアイ代表の左サイドバックとして2試合続けて先発しているアルザメンディアは、スピード豊かなダイナミックな攻め上がりを評価されている。同メディアは来夏には遅くとも欧州へ向かうのではと期待をかけており、今年3月にA代表デビューを果たしたばかりのアルザメンディアには今後長くチームを引っ張ってもらう必要がある。


彼らはここから世界へ大きく羽ばたく選手たちだ。チームの成績が振るわないところもあるが、彼らが近いうちに代表の主役となっていることに期待したい。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ