世代別フランス代表の”ブンデス組”がすごい! 続々と才能がドイツへ渡る

レヴァークーゼンに移籍したディアビ photo/Getty Images

U-20、U-21にブンデスで活躍する実力者がズラリ

14日、ブンデスリーガのレヴァークーゼンはパリ・サンジェルマンからU-20フランス代表FWムサ・ディアビを獲得したと発表した。スター揃いのパリ・サンジェルマンでは主役になることが難しかったが、新天地レヴァークーゼンで自身の能力を証明する戦いに挑むことになる。

ディアビはU-20フランス代表の一員としてU-20ワールドカップにも参加していた逸材だが、近年は若いフランス人選手がドイツ挑戦へ踏み切るケースが目立つ。ブンデスリーガ公式も特集しているが、ディアビのケースは決して珍しいものではないのだ。

ウクライナ代表の優勝で幕を閉じた今夏のU-20ワールドカップを振り返っても、フランス代表には長谷部誠と同じフランクフルトでプレイするDFエヴァン・ヌディカ、ドルトムントDFダン・アクセル・ザガドゥなどブンデスリーガで結果を出している選手が選ばれている。

U-21欧州選手権に出場するU-21フランス代表には、ライプツィヒDFダヨ・ウパメカノ、DFイブラヒマ・コナテ、マインツFWジャン・フィリップ・マテタらが選ばれている。フランスの世代別代表選手にとってブンデスリーガは当たり前の行き先となっている。

同サイトはバイエルンのキングスレイ・コマン、ドルトムントでブレイクしてバルセロナ移籍へ繋げたウスマン・デンベレらの影響も大きいと伝えており、ブンデスリーガには若手へのチャンスとハイレベルなコンペティション、独特なスタジアムの雰囲気などブレイクを目指す若者を魅了する環境が整っている。近年はイングランドからも若手がドイツに流れているが、それはフランスも同じだ。

また、リーグ・アンやリーグ・ドゥなどフランスからやってくる選手は体のサイズもあって身体能力も高い。ブンデスリーガのスタイルに適応するだけの能力は備えており、ブンデスリーガのクラブとしては戦力として計算しやすい。

今回はディアビがレヴァークーゼンに向かったが、この流れは今後も続いていくことだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ