ポグバ2世、驚異の15歳も アヤックスのNEXTブレイクはこの”4人”だ!

アヤックスのブロビー photo/Getty Images

今季だけで終わらない

今季欧州サッカー界を騒がせたサプライズ軍団アヤックスは、すでにMFフレンキー・デ・ヨングのバルセロナ行きが内定するなど、主力の多くがビッグクラブに引き抜かれると予想されている。今夏にはデ・ヨングに続く者が数名出てくるだろう。

これはアヤックスの宿命とも言えるが、落胆する必要はない。すでに今後のブレイクが楽しみな期待の若手選手たちが控えているのだ。育成に長けたアヤックスらしいところだが、英『Squawka』が近い将来の活躍が期待できる4選手を紹介している。

1.ペール・スフールス(DF/19歳)



現在はセンターバックで同じ19歳のマタイス・デ・リフトが躍動しているが、デ・リフトも今夏にクラブを離れると予想されている。その後継者候補の1人がスフールスだ。同い年の選手が後継者というのも特殊だが、来季ベテランのダレイ・ブリントとコンビを組むことでスフールスが覚醒するのではと期待されている。

スフールスは主にリザーブチームでプレイしており、そこでは主将も任されている。191cmとサイズのあるセンターバックで、すでにエールディヴィジでのデビューも果たしている。

2.ライアン・グラフェンベルフ(MF/17歳)



ポール・ポグバ2世としてユヴェントスも関心を寄せていると言われるグラフェンベルフもブレイクが近い選手だ。ポジションは退団するデ・ヨングと同じセントラルMFで、クラブ史上最年少となる16歳と130日でエールディヴィジデビューを果たした神童だ。これはあのクラレンス・セードルフが持っていた16歳と242日を超える記録だ。

デ・ヨングと同じく中盤でボールを奪われない技術があり、縦へ攻め上がることもできる。187cmとサイズがあり、リーチの長いMFだ。

3.ナジ・ユニュヴァル(MF/15歳)



こちらはさらに若い。同メディアが来季ブレイクする可能性がある「とてつもない才能」として紹介したのがユニュヴァルで、攻撃的MFから左のウイングまでこなす攻撃的な選手だ。UEFAユースリーグでもすでに得点を記録しており、同メディアも来季は国内カップ戦でベンチ入りしてもおかしくないと楽しみにしている。

4.ブライアン・ブロビー(FW/17歳)



最後に紹介されたのは、今季U-19のカテゴリーで35試合32得点5アシストと大暴れしているセンターフォワードのブロビーだ。89分に1点のペースでネットを揺らしている怪物は、昨年行われたU-17欧州選手権で優勝を果たしたU-17オランダ代表にも選ばれていた選手だ。決勝のイタリア代表戦では得点も記録しており、ユース年代での実績は十分すぎるものがある。

トップチームでは万能FWドゥシャン・タディッチ、ベテランのクラース・ヤン・フンテラール、21歳のカスパー・ドルベリの3人で今季を回していたため、そこにブロビーが割って入るのは難しいかもしれない。しかし、来季どこかでチャンスを与えるのも悪くはない。試してみたくなるだけの得点力は備えており、2、3年後の大ブレイクが楽しみだ。


彼らがいつ戦力になるかは分からないが、彼らも数年後にはデ・ヨングやデ・リフトのようにビッグクラブから注目を集める存在となるかもしれない。ブレイクの時を待つ楽しみな若手がアヤックスにはまだまだ揃っている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ