6年ぶりのCLを狙うミランに痛手 “ネクスト・カカー”が一足先に今季終了

退場を命じられ、ピッチを後にするパケタ photo/Getty Images

3試合の出場停止処分

ACミランに所属するブラジル代表MFルーカス・パケタは、皆より一足先に今季を終えることとなった。イタリアの懲戒委員会が7日、同選手に3試合の出場停止処分を科している。

6日に行われたセリエA第35節で、ボローニャをホームへ迎え入れたミラン。スソとファビオ・ボリーニのゴールでスコアを2-1とし、リーグ戦3試合ぶりの勝利を手にしている。ただ、この一戦でスターティングメンバーに名を連ねたパケタは、後半半ばにファウルを受けた際、カッとなって相手選手に詰め寄り、主審からイエローカードを提示される。さらに、この警告に納得ができず、主審を務めたマルコ・ディ・ベッロ氏の手を叩いてしまう。すると、この直後に2枚目のイエローカードを提示され、退場を余儀なくされてしまったのだ。

今回の出場停止を報じた伊『SPORT MEDIASET』などによると、パケタは1度目のイエローカードで累積警告が溜まり、1試合の出場停止。主審の手を叩いたことにより、さらに2試合の出場停止が追加され、計3試合の出場停止になったという。そして、セリエAの今季は残すところ3試合のため、パケタのミラン1年目のシーズンが終わりを告げたわけだ。

現在4位のアタランタと勝ち点差「3」で5位につけ、来季のチャンピオンズリーグ出場権を争っているミラン。今冬の加入以降チームを支えており、“ネクスト・カカー”と期待されるパケタの離脱は、同クラブにとって大きな痛手となりそうだ。はたして、ミランは6年ぶりに欧州最高峰のコンペティション行きのチケットを勝ち取ることができるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ